電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 16:00
[ショートペーパー]光超音波血管画像画質改善を目的としたLow-rank最適化によるノイズ分離位置合わせ手法の提案
備瀬竜馬九大)・Zheng Yinqiang佐藤いまりNII
抄録 (和) 光超音波イメージング技術は生体内の血管を非侵襲に3次元可視化できる技術として注目を集めている新しいイメージング技術であり,様々な疾病と関係が深い血管構造を可視化できることから,早期診断・治療経過診断への応用が期待されている.光超音波イメージングによる広領域のマルチスキャン中に患部が動くことによる画質劣化が問題となっている.この問題解決のため,一回のスキャン画像(ショットボリューム)間の位置合わせが重要となる.ワンショットボリュームは,一般的な画像と比べ,ノイズが非常に大きく,画像間の類似度指標に悪影響を及ぼすため,従来の位置合わせ手法はうまく機能しない.そこで,本発表では,このようなノイズの影響が大きい画像であっても位置合わせ可能な手法を報告する.血管・ノイズ・データ欠損要素の3つの要素に分解しながら位置合わせを行う問題を行列のLow-rank最適化問題として定式化し,解くことで,ノイズの悪影響を除外し,位置合わせが可能となる.実際の生体データに適用した結果,従来手法と比べ,提案手法により大幅に画質が改善された. 
(英) Photoacoustic imaging (PAI) is a new imaging technology that can non-invasively visualize blood vessels inside biological tissues, and it has been gaining attention since the visualized blood vessel structures relate to various diseases such as cancer.
In the process of imaging large body parts through multi-scan fusion, the patient often moves during scanning, and it makes the image quality deteriorated. Therefore, accurate alignment of multiple shot volumes is required to improve the image quality. However, current methods do not work well for aligning the shot volumes because of severe noise and corruption. In this paper, we propose a novel registration method that achieves better alignment while effectively decomposing the shot volumes into the low-rank foreground (blood vessels), dense background (noise), and sparse complement (corruption) components. The results of experiments using a challenging real dataset demonstrate the efficacy of the proposed method, which significantly improved image quality, and had the best alignment accuracy among the state-of-the-art methods tested.
キーワード (和) 光超音波イメージング / Low-rank位置合わせ / レジストレーション / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 35, PRMU2018-17, pp. 75-79, 2018年5月.
資料番号 PRMU2018-17 
発行日 2018-05-10 (SIP, IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MI IE SIP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 医療・介護・福祉・健康・スポーツのための信号・画像解析と理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-05-PRMU-MI-IE-SIP 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 光超音波血管画像画質改善を目的としたLow-rank最適化によるノイズ分離位置合わせ手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光超音波イメージング /  
キーワード(2)(和/英) Low-rank位置合わせ /  
キーワード(3)(和/英) レジストレーション /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 備瀬 竜馬 / Ryoma Bise / ビセ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Zheng Yinqiang / Zheng Yinqiang /
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 いまり / Imari Sato / サトウ イマリ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-18 16:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-SIP2018-17,IEICE-IE2018-17,IEICE-PRMU2018-17,IEICE-MI2018-17 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.33(SIP), no.34(IE), no.35(PRMU), no.36(MI) 
ページ範囲 pp.75-79 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIP-2018-05-10,IEICE-IE-2018-05-10,IEICE-PRMU-2018-05-10,IEICE-MI-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会