電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 10:20
2×2近距離MIMOのチャネル容量改善のためのメタ表面反射板の適用法
久世竜司福迫 武松島 章熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大容量の移動通信を実現する伝送方法として,Multiple Input Multiple Output (MIMO) がある.MIMOはマルチパス環境において最も効果を発揮するが,近距離でのMIMO伝送は,直接波の影響が支配的となる.よって,アンテナ配置の影響を大きく受け,チャネル容量を確保できない場合がある.著者らは,近距離MIMO伝送において,アンテナの近くにメタ表面反射板を設置することでパスを増加させ,チャネル容量特性の改善を図る方法を提案した.本報告では,送信アンテナにダイポールアンテナを用い,メタ表面反射板を用いた場合と通常の金属反射板を用いた場合とを比較し,メタ表面反射板の効果的な利用法を示す. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) メタ表面 / MIMO / 近距離MIMO / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 37, AP2018-26, pp. 73-76, 2018年5月.
資料番号 AP2018-26 
発行日 2018-05-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2×2近距離MIMOのチャネル容量改善のためのメタ表面反射板の適用法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applying Method of Meta-surface Reflector for Improvement of Channel Capacity of 2×2 Short Range MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタ表面 /  
キーワード(2)(和/英) MIMO /  
キーワード(3)(和/英) 近距離MIMO /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 竜司 / Ryuji Kuse / クセ リュウジ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako / フクサコ タケシ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 章 / Akira Matsushima / マツシマ アキラ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-18 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-26 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会