電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 14:35
[招待講演]先進的無線システムの電波防護に関する測定法
大西輝夫NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 現在,我が国を始め各国で第5世代移動体通信システム(5G)の研究開発や標準化が推進されている.5Gでは現在使用されている周波数帯に加え,6 GHz超の周波数利用が検討されている.人体近傍利用時のばく露評価において,6 GHz以下は比吸収率(SAR)が用いられているが,6 GHz超では電力密度がばく露指標として用いられる.従来,電力密度は遠方界領域で電界を測定することにより求められていたが,人体近傍での利用を想定した場合,波源近傍での電力密度の測定が課題となる.一方,携帯機器,家電製品,電気自動車(EV)向けの無線電力伝送(WPT)の国際標準化が国際電気標準会議(IEC)などで活発に行われている.これらのWPTが使用している周波数帯は,10 MHz以下と既存の無線システムが利用している周波数より低いが,出力は例えばEV用で数kWと大きい.このような背景において,数十kHzから数十GHzと広帯域にわたり人体防護を目的としたばく露評価の必要性がこれまで以上に増してきている.本稿では, IECにおける電波防護に関する測定法の標準化について概説する. 
(英) Currently research and development as well as standardization on the 5th mobile communication system (5G) have been actively conducted all over the world. Frequency bands above 6 GHz for 5G are considered in addition to those used for current mobile systems. From exposure assessment point of view, the power density should be used above 6 GHz as a measurement index while the Specific Absorption Rate (SAR) has been used for near-field exposure up to 6 GHz. Basically, the power density can be obtained by measuring the electric field in the far-field. However, since it is expected that mobile devices that operate above 6 GHz will be used in close proximity to the human body, exposure assessment methods focusing on near-field exposure should be investigated. Wireless Power Transfer (WPT) systems for mobile phones, portable devices, home appliances, and electric vehicles (EV) have been paid attention. Especially WPT systems for mobile phones and EVs have been standardized by some international bodies such International Electrotechnical Commission (IEC), respectively. The transmitted power in WPT systems is much higher than that emitted by conventional wireless devices, e.g., several kW for EV even though the employed frequency ranges are much lower, i.e., below 10 MHz. An exposure assessment at frequency range from several tens of kHz to tens of GHz has become more importants. In this paper, standardization activities with respect to evaluation of human exposure conducted by the IEC are introduced.
キーワード (和) 電磁界ばく露評価 / 第5世代移動体通信システム / 無線電力伝送 / 国際電気標準会議 / 比吸収率 / 電力密度 / /  
(英) Evaluation of human exposure / 5th generation communication system (5G) / Wireless Power Transfer (WPT) / International Electrotechnical Commission (IEC) / Specific Absorption Rate (SAR) / Power density / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 43, MWP2018-1, pp. 1-6, 2018年5月.
資料番号 MWP2018-1 
発行日 2018-05-11 (MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MWP  
開催期間 2018-05-18 - 2018-05-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) モバイル, MWP一般 
テーマ(英) Mobile communication systems, MWP, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MWP 
会議コード 2018-05-MWP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 先進的無線システムの電波防護に関する測定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Assessment methods for radio protection with respect to advanced wireless systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁界ばく露評価 / Evaluation of human exposure  
キーワード(2)(和/英) 第5世代移動体通信システム / 5th generation communication system (5G)  
キーワード(3)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Power Transfer (WPT)  
キーワード(4)(和/英) 国際電気標準会議 / International Electrotechnical Commission (IEC)  
キーワード(5)(和/英) 比吸収率 / Specific Absorption Rate (SAR)  
キーワード(6)(和/英) 電力密度 / Power density  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 輝夫 / Teruo Onishi / オオニシ テルオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-18 14:35:00 
発表時間 35 
申込先研究会 MWP 
資料番号 IEICE-MWP2018-1 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.43 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MWP-2018-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会