電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 15:15
次世代動画像符号化方式向けモード・サイズ依存型係数走査の検討
木谷佳隆河村 圭内藤 整KDDI総合研究所
抄録 (和) HEVCで導入されているモード依存型係数走査(Mode Dependent Coefficient Scan)は,予測残差信号の変換係数の走査方法を斜め走査,水平走査,垂直走査の中からイントラ予測モードに基づいて特定することで符号量を削減する.しかし,次世代動画像符号化方式(Future Video Coding)の検証ソフトウェアJEM(Joint Exploration Model)では,ブロック分割パターンが正方形だけでなく非正方形のブロックに拡張された.そのため,正方形ブロックを前提に設計された既存のMDCSを非正方形ブロックに適用した際,最適な走査方法とならない場合がある.そこで本稿では,非正方形向けのMDCSを提案する 
(英) Mode dependent coefficient scan (MDCS) was introduced to HEVC that identifies a coefficient scan order in transformed residual signal with an intra prediction mode to improve video coding efficiency. The best scan order is, however, not always selected by MDCS for non-square block used in Joint Exploration Test Model (JEM) that is the reference software of future video coding. The reason is that the conventional MDCS is designed only for square blocks. In this manuscript, we propose the modified MDCS for non-square block
キーワード (和) 係数スキャン / イントラ予測モード / 次世代動画像符号化 / / / / /  
(英) Coefficient Scanning / Intra Prediction / Future Video Coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 34, IE2018-16, pp. 69-74, 2018年5月.
資料番号 IE2018-16 
発行日 2018-05-10 (SIP, IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MI IE SIP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 医療・介護・福祉・健康・スポーツのための信号・画像解析と理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2018-05-PRMU-MI-IE-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代動画像符号化方式向けモード・サイズ依存型係数走査の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Mode-Size Dependent Coefficient Scanning for Future Video Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 係数スキャン / Coefficient Scanning  
キーワード(2)(和/英) イントラ予測モード / Intra Prediction  
キーワード(3)(和/英) 次世代動画像符号化 / Future Video Coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木谷 佳隆 / Yoshitaka Kidani / キダニ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 圭 / Kei Kawamura / カワムラ ケイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 整 / Sei Naito / ナイトウ セイ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-18 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-SIP2018-16,IEICE-IE2018-16,IEICE-PRMU2018-16,IEICE-MI2018-16 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.33(SIP), no.34(IE), no.35(PRMU), no.36(MI) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2018-05-10,IEICE-IE-2018-05-10,IEICE-PRMU-2018-05-10,IEICE-MI-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会