お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-18 13:50
実験データに基づく有相関パス遮蔽モデルの検討
木村有佑梁瀬伸晃玉沢裕介多賀登喜雄関西学院大AP2018-31
抄録 (和) 従来, 偏波MIMOアンテナ等の検討において, V偏波とH偏波には相関が無いと仮定して種々の検討が行われてきているが, 通信端末が一定時間静止状態で使用される屋内の無線LAN環境においては各偏波成分がフェージングを同時に受けるためV偏波とH偏波の受信電力変動には相関があると考える. 本報告では, 複数人体が移動している屋内においてチャネルサウンダ測定した5GHz帯パス遮蔽データより, 遮蔽有/無区間毎にV/H偏波間のXPR, 相関, 瞬時変動分布等を統計処理し, それらの統計パラメータに基づくパス遮蔽発生モデルを構築・提案する. また, 提案モデルに基づき, パス遮蔽の有/無区間毎の偏波間相関を考慮したパス遮蔽データを各パスに与え, それらを偏波ダイバーシチアンテナの一種であるマイクロストリップアンテナで合成受信した場合のブランチ間相関特性について検討した結果を報告する. 
(英) In the research of polarization MIMO antennas, various studies have been carried out in the assumption that there is no correlation between vertically(V) and horizontally(H) polarized waves. However, when a communication terminal is operated in a stationary state for a time period in the wireless LAN service environments, it can be considered that there is some correlation between V and H polarized component of a path arriving at the terminal, because both polarized components have a fading due to path shadowing by human body at the same time. This study proposes a correlated path shadowing model based on the 5GHz band experimental data measured by a RUSK channel sounder in an indoor environment in which some pedestrians move. In this model, XPR, correlation, instantaneous level variations and so on for V and H polarized components are processed statistically in every time period of both non-shadowing or shadowing intervals, and their statistic parameters have been clarified. Based on the proposed model, the path shadowing data are generated for each obstacle or non-obstacle conditions in an indoor environment, and their data are applied on the path data calculated by the ray-tracing method. These path data are received in a micro-strip patch antenna(MSA) as a kind of polarization MIMO antennas. This study shows the correlation characteristics between 2 isolated branches of MSA in which correlated polarization waves are received is investigated by computer simulations as a function of the inclination angle of MSA.
キーワード (和) 偏波間相関 / 偏波MIMO / 人体遮蔽 / アンテナブランチ間相関 / マイクロストリップパッチアンテナ / / /  
(英) Polarization correlation / Polarized MIMO / Human body shadowing / Correlation between branches / Micro-strip patch antenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 37, AP2018-31, pp. 99-104, 2018年5月.
資料番号 AP2018-31 
発行日 2018-05-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-31

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実験データに基づく有相関パス遮蔽モデルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on correlated path shadowing model based on experimental data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 偏波間相関 / Polarization correlation  
キーワード(2)(和/英) 偏波MIMO / Polarized MIMO  
キーワード(3)(和/英) 人体遮蔽 / Human body shadowing  
キーワード(4)(和/英) アンテナブランチ間相関 / Correlation between branches  
キーワード(5)(和/英) マイクロストリップパッチアンテナ / Micro-strip patch antenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 有佑 / Yusuke Kimura / キムラ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梁瀬 伸晃 / Nobuaki Yanase / ヤナセ ノブアキ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉沢 裕介 / Yusuke Tamazawa / タマザワ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 登喜雄 / Tokio Taga / タガ トキオ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-18 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-31 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会