電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-17 13:05
ドローンを用いた多周波数帯測定による単一ビルに対するクラッターロスのアンテナ高特性
佐々木元晴中村光貴久野伸晃鷹取泰司NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2.2GHz,4.7GHz,26.4GHzの3周波数帯において,ドローンを用いることで地上から150m地点まで連続的に測定することにより,単一のビルに対するクラッターロスの測定を行った.これにより,仰角20度以上までの測定結果について,ITU-R勧告P.2108のクラッターロス推定結果との比較結果を示した.その結果,測定結果はITU-R勧告P.2108の推定結果に対して非常にクラッターロスが大きなものであることがわかった.これは測定環境には単一ビルしか存在しておらず,他の建物からの反射波が見込めないこと,およびビルの建物高が非常に高いことが,ITU-R勧告P.2108の推定法の導出環境と大きく異なるためと考えられる. 
(英) In the three frequency bands of 2.2 GHz, 4.7 GHz, and 26.4 GHz, the clutter loss caused by an isolated building was measured from the ground up to the 150 m point continuously by using a drone. As a result, the comparison results between the measurement and prediction of the clutter using ITU-R P. 2108 are shown for the elevation angle of up to 20 degrees or more. It was revealed that the measured clutter loss is much larger than the predicted result of ITU-R P. 2108. It can be assumed that the isolated building without reflected paths from other buildings and the high building height causes the high clutter loss.
キーワード (和) 電波伝搬 / ドローン / クラッターロス / ITU-R勧告P.2108 / UHF帯 / SHF帯 / /  
(英) Propagation / drone / clutter loss / Recommendation ITU-R P.2108 / UHF band / SHF band / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 37, AP2018-18, pp. 29-33, 2018年5月.
資料番号 AP2018-18 
発行日 2018-05-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドローンを用いた多周波数帯測定による単一ビルに対するクラッターロスのアンテナ高特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Antenna Height Dependency of Clutter Loss for An Isolated Building by Measurement in Multi-Frequency Bands using A Drone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Propagation  
キーワード(2)(和/英) ドローン / drone  
キーワード(3)(和/英) クラッターロス / clutter loss  
キーワード(4)(和/英) ITU-R勧告P.2108 / Recommendation ITU-R P.2108  
キーワード(5)(和/英) UHF帯 / UHF band  
キーワード(6)(和/英) SHF帯 / SHF band  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 元晴 / Motoharu Sasaki / ササキ モトハル
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 光貴 / Mitsuki Nakamura / ナカムラ ミツキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 伸晃 / Nobuaki Kuno / クノ ノブアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-17 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-18 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会