電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-17 16:25
部分和判定問題に基づくナップザック公開鍵暗号への攻撃法
境 隆一村上恭通阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 部分和判定問題を用いたナップザック公開鍵暗号の1つに,暗号文を1ビットにすることにより,暗号文密度を高めて低密度攻撃を困難にした方式がある.この公開鍵暗号に対して,低密度攻撃を行い,別解を算出するという別解攻撃がある.本稿では,この公開鍵暗号に対し,別解攻撃とは異る攻撃法として,公開鍵を解析して復号鍵と等価な機能を有する等価復号鍵を算出する公開鍵攻撃法を新たに提案し,その有効性を検討する. 
(英) In 2012, Murakami, Hamasho and Kasahara have proposed a knapsack PKC based on the subset sum decision problem. An attack against these type of knapsack PKCs by computing alternative solutions of the knapsack problem is then proposed by Nagao and Morii. In 2016, one of the authors, Murakami, have also proposed the knapsack type PKC (M16 PKC) based on the subset sum decision problem for preventing Nagao and Morii attack.
In this paper, we propose the new effective attacks against M16 knapsack PKC. The proposed attacks are able to compute equivalent secret key from the public key, and decode the cipher text of M16 PKC with the equivalent secret key, in a same way of the decryption with the legitimate ecret(decryption) keys.
キーワード (和) ナップザック公開鍵暗号 / 部分和判定問題 / 公開鍵攻撃 / 等価秘密鍵攻撃 / / / /  
(英) knapsack PKC / subset sum decision problem / public key attack / equivalent secret key attack / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 31, IT2018-6, pp. 31-34, 2018年5月.
資料番号 IT2018-6 
発行日 2018-05-10 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT EMM  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 東京工業大学(大岡山キャンパス) 
開催地(英) Ookayama Campus, Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-05-IT-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 部分和判定問題に基づくナップザック公開鍵暗号への攻撃法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Public key attack on knapsak PKC based on subset sum decision problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ナップザック公開鍵暗号 / knapsack PKC  
キーワード(2)(和/英) 部分和判定問題 / subset sum decision problem  
キーワード(3)(和/英) 公開鍵攻撃 / public key attack  
キーワード(4)(和/英) 等価秘密鍵攻撃 / equivalent secret key attack  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 境 隆一 / Ryuichi Sakai / サカイ リュウイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 恭通 / Yasuyuki Murakami / ムラカミ ヤスユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-17 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-6,IEICE-EMM2018-6 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.31(IT), no.32(EMM) 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2018-05-10,IEICE-EMM-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会