お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-17 13:30
車両向け通信環境における28 GHz帯回折特性の解析
川﨑翔平伊藤優希岩井誠人同志社大)・中野 哲KDDI)・末柄恭宏柴山昌也梅原雅人KDDI総合研究所AP2018-19
抄録 (和) 第五世代移動通信(5G)における28 GHz帯車両向け通信を想定した実証実験が行われ、その中で遮蔽物による回折特性が測定された。本稿では、ナイフエッジ法と、スロープ回折を含んだUTD (Uniform Theory of Diffraction)の、二つの方法による回折特性の計算を行い、実測結果と比較した結果について述べる。回折特性の解析においては、遮蔽物の各面を超えて到来する電波をそれぞれ個別に計算しその寄与を解析する。また、キャリア周波数を変化させた場合の遮蔽物回折特性を計算し、その周波数特性を示す。 
(英) Field trials assuming a connected-car communication environment in the 5th generation mobile systems have been carried out. Assuming the future generation mobile systems, an RF frequency at 28GHz band was adopted. In the trials, propagation characteristics including diffractions by a blocking obstacle were measured. In this report, we present the results of the analysis of the diffraction characteristics based on the Knife-edge method and the UTD (Uniform Theory of Diffraction) method containing the slope diffraction. We analyze the contribution of the diffracted paths by each surface of the obstacle by separately calculating the strength of the paths by the UTD method. The frequency characteristics of the diffractions by the blocking are also calculated and presented in this paper.
キーワード (和) 回折 / ナイフエッジ法 / UTD / スロープ回折 / 5G / 28GHz / /  
(英) Diffraction / Knife-edge method / UTD / Slope diffraction / 5G / 28GHz / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 37, AP2018-19, pp. 35-39, 2018年5月.
資料番号 AP2018-19 
発行日 2018-05-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-19

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-05-17 - 2018-05-18 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車両向け通信環境における28 GHz帯回折特性の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Diffraction Characteristics at 28 GHz Band in a Connected-Car Communication Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回折 / Diffraction  
キーワード(2)(和/英) ナイフエッジ法 / Knife-edge method  
キーワード(3)(和/英) UTD / UTD  
キーワード(4)(和/英) スロープ回折 / Slope diffraction  
キーワード(5)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(6)(和/英) 28GHz / 28GHz  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川﨑 翔平 / Shohei Kawasaki / カワサキ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 優希 / Yuki Ito / イトウ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 哲 / Satoshi Nakano / ナカノ サトシ
第4著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI CORPORATION (略称: KDDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末柄 恭宏 / Yasuhiro Suegara / スエガラ ヤスヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Reseach, Inc. (略称: KDDI Reseach, Inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 昌也 / Masaya Sibayama / シバヤマ マサヤ
第6著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Reseach, Inc. (略称: KDDI Reseach, Inc.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 雅人 / Masahito Umehara / ウメハラ マサヒト
第7著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Reseach, Inc. (略称: KDDI Reseach, Inc.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-17 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-19 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2018-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会