電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-16 10:25
計算効率の良い逐次拡大体の構成条件の下でのBLS曲線の係数決定法
南條由紀カンダカル エムディ アルアミン岡山大)・白勢政明公立はこだて未来大)・日下卓也野上保之岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高機能暗号を実現する方式として注目されているペアリング暗号では,効率よくペアリング処理を行うことだけでなく,ペアリング親和曲線を決定することも重要である.埋め込み次数12のペアリング親和曲線であるBLS曲線は,$E_b:y^2=x^3+b$により与えられる.しかし,一般に係数$b$を決定するためには,楕円スカラー倍算や平方根計算などの計算を繰り返し行う必要がある.このため本研究では,これらの計算を要することなく,係数$b$を効率的に決定することを目的としている.本稿では,BLS曲線を用いたペアリングの計算処理のベースとなる12次拡大体に着目し,最も計算効率のよい12次拡大体を構成する条件下において,係数$b$を$b=1$もしくは$b=2^{6lpm2},~lin mathbb{Z}$に決定する手法を提案する. 
(英) Pairing-based cryptography (PBC) is receiving a lot of attention since it enables many innovative and multi-functional cryptographic applications based on pairing. Determining pairing-friendly elliptic curves for certain parameter is an important issue to be addressed. Barreto-Lynn-Scott (BLS) curve is pairing-friendly elliptic curve embedding degree 12 given by $E_b:y^2=x^3+b$.
The usual practice of determining a BLS curve coefficient $b$ requires time-consuming mathematical operations such as modular square root and scalar multiplication. Therefore the purpose of this work is determining coefficient $b$ without such time-consuming operations. This paper proposes the efficient way to determine that by setting $b=1$ or $b=2^{6lpm2}$, $lin mathbb{Z}$ over conditions to construct the efficient tower of extension field.
キーワード (和) ペアリング / Barreto-Lynn-Scott (BLS) 曲線 / 逐次拡大体 / / / / /  
(英) Pairing / Barreto-Lynn-Scott (BLS) Curves / Tower of Extension Field / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 30, ISEC2018-2, pp. 9-16, 2018年5月.
資料番号 ISEC2018-2 
発行日 2018-05-09 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2018-05-16 - 2018-05-16 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Ookayama Campus, Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2018-05-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 計算効率の良い逐次拡大体の構成条件の下でのBLS曲線の係数決定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Determining BLS Curves for Pairing over Efficient Tower of Extension Field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ペアリング / Pairing  
キーワード(2)(和/英) Barreto-Lynn-Scott (BLS) 曲線 / Barreto-Lynn-Scott (BLS) Curves  
キーワード(3)(和/英) 逐次拡大体 / Tower of Extension Field  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 南條 由紀 / Yuki Nanjo / ナンジョウ ユキ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) カンダカル エムディ アルアミン / Md. Al-Amin Khandaker / カンダカル エムディ アルアミン
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白勢 政明 / Masaaki Shirase / シラセ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: Future Univ. Hakodate)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 日下 卓也 / Takuya Kusaka / クサカ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 野上 保之 / Yasuyuki Nogami / ノガミ ヤスユキ
第5著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-16 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2018-2 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.9-16 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2018-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会