お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-14 14:20
[記念講演]ハイスループット通信衛星のフレキシブルペイロード運用制御技術 ~ 災害時における周波数帯域割り当て法の性能評価と今後の課題 ~
阿部侑真岡田和則大川 貢三浦 周豊嶋守生NICTICTSSL2018-3 ASN2018-3
抄録 (和) 本稿では,周波数フレキシビリティを有する衛星通信システムにおける周波数割り当て法と,非常時通信への応用について述べる.近年研究開発が盛んに行われているハイスループット衛星(High Throughput Satellite:HTS)において,ニーズに合わせて周波数帯域幅を柔軟に変更可能な周波数フレキシビリティが注目されている.この機能を活かして非常時通信に資するために,周波数利用効率の高い周波数割り当て法の検討を行っている.本稿ではまず,周波数フレキシビリティを有する衛星通信システムの構成について述べる.その後HTSのビーム配置について述べ,均一固定割当法,不均一固定割当法,ダイナミック割当法の3つの周波数割り当て法の概要とそれらのアルゴリズムの特徴を述べる.さらに,災害時シナリオを仮定した数値シミュレーションを実施し,上記の3つの周波数割り当て法を用いた結果を比較する.最後に,新しく提案したアルゴリズムであるフレキシブルチャネル配置法の概要と,今後検討すべき内容について述べる. 
(英) In this paper, we state frequency assignment methods on a satellite communications system with frequency flexibility and its application to emergency communication. Recently, research and development of High Throughput Satellite (HTS) are conducted actively and frequency flexibility is focused that can flexibly change frequency assignment according to needs. First, a configuration of the satellite communications system in this study is stated. Then, we focus on beam arrangement of HTS and we briefly state schemes and characteristics of three frequency assignment methods: uniform fixed method, nonuniform fixed method, and dynamic method. These three methods are compared in a numerical simulation of a large disaster situation. Finally, we state a new frequency assignment method: flexible channel assignment method and future works for this study.
キーワード (和) 衛星通信 / 非常時通信 / 周波数割り当て法 / / / / /  
(英) Satellite Communications / Emergency Communication / Frequency Assignment Method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 26, ICTSSL2018-3, pp. 11-16, 2018年5月.
資料番号 ICTSSL2018-3 
発行日 2018-05-07 (ICTSSL, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2018-3 ASN2018-3

研究会情報
研究会 ASN ICTSSL  
開催期間 2018-05-14 - 2018-05-15 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) 知的環境,防災・減災,ポスターセッション及び一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, safe and secure life, poster session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2018-05-ASN-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイスループット通信衛星のフレキシブルペイロード運用制御技術 
サブタイトル(和) 災害時における周波数帯域割り当て法の性能評価と今後の課題 
タイトル(英) Studies on Operation and Control Technologies for Frequency Flexible Payload in High Throughput Satellite 
サブタイトル(英) Performance Studies on Frequency Band Assignment Methods During Disasters and Future Works 
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communications  
キーワード(2)(和/英) 非常時通信 / Emergency Communication  
キーワード(3)(和/英) 周波数割り当て法 / Frequency Assignment Method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 侑真 / Yuma Abe / アベ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 和則 / Kazunori Okada / オカダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 貢 / Mitsugu Okawa / オオカワ ミツグ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-05-14 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2018-3,IEICE-ASN2018-3 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.26(ICTSSL), no.27(ASN) 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2018-05-07,IEICE-ASN-2018-05-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会