電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-24 15:05
自動運転車のセキュリティ被害軽減に有効な仕組みに関する研究
稲葉 緑情報セキュリティ大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自動運転機能を搭載した自動車の安全性は、セキュリティに大きく左右される。セキュリティ上の脅威を防ぎきれなかった場合、その自動車の制御が悪意のある攻撃者によって乗っ取られるおそれがある。そのため、セキュリティ上の脅威から、自動運転車の制御を司る車載ネットワークの防御策について活発な議論が行われている。また、最近は、脅威からネットワークを守れずに発生した事故への緊急対応策についても目が向けられるようになった。しかし、その中間に位置付けられる、脅威を防ぎきれずに発生し得る被害を小さく留める対策については検討されていない。本稿では自動運転車のセキュリティについて概説した後、車載ネットワークに依存しない被害軽減の対策の可能性、および、その導入について論じる。 
(英) Safety of connected and autonomous vehicles relies on security. Therefore, prevention of automotive networks from malicious attacks has been actively examined. In addition, crisis management after accidents occur has just started receiving an attention. We focus on measures to inhibit or mitigate damages of the accidents. This paper first outlines the security of connected vehicles. Subsequently, it discusses the possibility of the damage mitigation equipment that is independent from the automotive networks and the introduction of such equipment.
キーワード (和) 自動運転 / セキュリティ / インシデント / 被害軽減 / / / /  
(英) connected vehicle / security / incident / damage mitigation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 13, SSS2018-4, pp. 13-16, 2018年4月.
資料番号 SSS2018-4 
発行日 2018-04-17 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2018-04-24 - 2018-04-24 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ヒューマンファクター 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2018-04-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転車のセキュリティ被害軽減に有効な仕組みに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on equipment for mitigation of security damages in connected vehicles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動運転 / connected vehicle  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(3)(和/英) インシデント / incident  
キーワード(4)(和/英) 被害軽減 / damage mitigation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 緑 / Midori Inaba / イナバ ミドリ
第1著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Instutite of Information Security (略称: IISEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-24 15:05:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2018-4 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2018-04-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会