電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-23 09:30
移動伝送用FPUにおける干渉回避のためのスペクトラムセンシング方式の検討
須藤浩章小坂和裕金本英樹下条則之安永 毅上杉 充パナソニック
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年Time Division Duplex(TDD)方式を用いた双方向の移動伝送用Field Pick-up Unit(FPU)が盛んに検討されている。ディジタルFPUシステムにおいては、他の無線システムと周波数を共用するため、信号フォーマットが既知でない他システムからの干渉を検出して回避する必要がある。このため、FPUシステムにおいては、他の無線システムで用いられているプリアンブル等の既知信号を検出する既存のスペクトラムセンシング方式は適用できない。本報告ではプリアンブル区間における受信電力判定を用いたスペクトラムセンシング方式を開発し、試作装置を用いた室内実験による評価により、その有効性を確認したので報告する。 
(英) Time Division Duplex (TDD)-based bidirectional digital field pick-up unit (FPU) system is now being studied. This new digital FPU system shares its frequency band with other wireless systems. Therefore, digital FPU system should detect and avoid the interference from other wireless systems of which the signal format is unknown. To FPU system, it is impossible to apply conventional spectrum sensing schemes which detect known signals such as preamble in other systems. We studied the spectrum sensing scheme using the received power within preamble signals of FPU system. From the results of indoor experiment, it was confirmed that the proposed scheme achieved an excellent performance of the interference detection.
キーワード (和) 双方向ディジタルFPU / TDD / スペクトラムセンシング / プリアンブル / / / /  
(英) Bidirectional Digital FPU / TDD / Spectrum Sensing / Preamble / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 12, RCS2018-1, pp. 1-6, 2018年4月.
資料番号 RCS2018-1 
発行日 2018-04-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-04-23 - 2018-04-24 
開催地(和) 湯田温泉 ホテルニュータナカ 
開催地(英) Hotel New Tanaka, Yuda Onsen 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動伝送用FPUにおける干渉回避のためのスペクトラムセンシング方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Spectrum Sensing to Avoid Interference for Mobile Transmission FPU System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 双方向ディジタルFPU / Bidirectional Digital FPU  
キーワード(2)(和/英) TDD / TDD  
キーワード(3)(和/英) スペクトラムセンシング / Spectrum Sensing  
キーワード(4)(和/英) プリアンブル / Preamble  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須藤 浩章 / Hiroaki Sudo / スドウ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小坂 和裕 / Kazuhiro Kosaka / コサカ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金本 英樹 / Hideki Kanemoto / カネモト ヒデキ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下条 則之 / Noriyuki Gejoh / ゲジョウ ノリユキ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安永 毅 / Takeshi Yasunaga / ヤスナガ タケシ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上杉 充 / Mitsuru Uesugi / ウエスギ ミツル
第6著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-23 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-1 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-04-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会