電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-23 13:10
線形フィルター及びMulti-tap Analog cancellerによる自己干渉除去方式を用いた無線全二重MIMO通信に関する一検討
飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペ立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,multitap analog cancellerとTX-RX線形ビームフォーミングを用いた双方向全二重MIMO(FD MIMO:full-duplex multiple-input multiple-output)通信を検討し,FDにおいて問題となる自己干渉の最低化並びに通信レートの最大化を図る.ここ10年間にFDのための革新的な自己干渉除去方式がいくつか提案されてきているが,これらの方式では自己干渉に用いるアナログ回路がアンテナ数とともに増大するため,アナログ自己干渉除去に用いるハードウェアリソースが深刻な問題となる.この問題を解決するため,本稿ではアンテナ数の増加に依存しないアナログ回路であるmulti-tap analog cancellerを採用し,MMSEビームフォーミングとともに最適化を行う簡易な反復アルゴリズムを提案する.結果として,残留SIレベルを-110dB以下まで抑制し,先行研究による手法を大きく上回る性能を明らかとした. 
(英) We consider a two-way full-duplex (FD) multiple-input multiple-output (MIMO) communication system in which nodes are equipped both with multi-tap analog interference cancellers and TX-RX beamforming capabili- ties, and aim at both maximizing the rate and minimizing the self-interference (SI) in such a system. Although some novel SI cancellation techniques for FD systems have been proposed over the past decade, the hardware resources required for analog self-interference cancellation become a main bottleneck to extend a normal FD system to a FD MIMO communication system, since they scale with the number of antenna elements. To tackle this problem, a new architecture for analog SI cancellation called multi-tap analog canceller is adopted in this paper, where the number of hardware resource does not scale with the number of antennas. The MMSE-based joint design framework of TX-RX beamforming and SI cancellation scheme proposed relies only on a simple iterative procedure performed with quantities evaluated via closed form expressions for the MMSE scaling factor and the beamforming matrix here derived. Simulation results demonstrate that the proposed scheme is capable of suppressing residual interference down to background noise levels typical of wireless systems, significantly outperforming similar methods previously proposed.
キーワード (和) 全二重 MIMO / ビームフォーミング / 自己干渉除去 / 最適化 / / / /  
(英) Full-duplex MIMO / Beamforming / Self-Interference Cancellation / Optimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 12, RCS2018-7, pp. 37-42, 2018年4月.
資料番号 RCS2018-7 
発行日 2018-04-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-04-23 - 2018-04-24 
開催地(和) 湯田温泉 ホテルニュータナカ 
開催地(英) Hotel New Tanaka, Yuda Onsen 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形フィルター及びMulti-tap Analog cancellerによる自己干渉除去方式を用いた無線全二重MIMO通信に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Joint Design of Multi-tap Analog Canceller and Digital Beamforming for Two-Way Full Duplex MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全二重 MIMO / Full-duplex MIMO  
キーワード(2)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(3)(和/英) 自己干渉除去 / Self-Interference Cancellation  
キーワード(4)(和/英) 最適化 / Optimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯盛 寛貴 / Hiroki Iimori / イイモリ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アブレウ ジュゼッペ / Giuseppe Abreu / アブレウ ジュゼッペ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-23 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-7 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-04-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会