電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-20 15:05
モバイルフロントホールにおける低遅延レイヤ2スイッチの試作
西村和人廣田正樹富士通)・佐別當祥和富士通九州ネットワークテクノロジーズ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第五世代移動通信システム(5G)では、ネットワークの効率的な利用のため、モバイルフロントホール(MFH)のレイヤ2ネットワークへの統合が検討されている。しかし、MFHトラヒックは遅延にセンシティブなため、パケットネットワークにおいて低遅延を実現できるIEEE802.1-Time Sensitive Networking(TSN)などの技術が注目されている。我々は以前、TSNの一つであるIEEE802.1Qbv方式(Time Aware Shaper :TAS)に着目し、同方式の運用上の課題を解決するIntelligent TAS(iTAS)方式を提案した。今回、市販レイヤ2スイッチのソフトウェア改造のみでiTAS機能を実現し、実機評価により学習ベースでの低遅延化が実現できることを確認した。 
(英) In 5th Generation mobile communication, it is considered that Mobile Front Haul (MFH) network is integrated to Layer 2 network because of network efficiency. However, in such a network, MFH traffic may be influenced by other traffic in point of delay. As MFH traffic is delay-sensitive, IEEE802.1-Time Sensitive Networking (TSN) is paid attention because it may achieve low latency communication in packet network. In this paper, we focus on IEEE802.1Qbv (Time Aware Shaper : TAS) which is one of the queueing architecture of TSN. We have proposed the autonomous TAS method called intelligent TAS (iTAS) which could solve the operational problem previously. In this paper, we implement the iTAS function to commercial layer 2 switch and evaluate low-latency efficiency.
キーワード (和) モバイルフロントホール / 低遅延 / レイヤ2スイッチ / IEEE802.1TSN / IEEE802.1Qbv / / /  
(英) Mobile Front Haul / Low-latency / Layer 2 switch / IEEE802.1TSN / IEEE802.1Qbv / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 7, CS2018-8, pp. 41-46, 2018年4月.
資料番号 CS2018-8 
発行日 2018-04-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ CS  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-04-CQ-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルフロントホールにおける低遅延レイヤ2スイッチの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of low-latency layer 2 switch for mobile front haul 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルフロントホール / Mobile Front Haul  
キーワード(2)(和/英) 低遅延 / Low-latency  
キーワード(3)(和/英) レイヤ2スイッチ / Layer 2 switch  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.1TSN / IEEE802.1TSN  
キーワード(5)(和/英) IEEE802.1Qbv / IEEE802.1Qbv  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 和人 / Kazuto Nishimura / ニシムラ カズト
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu LTD (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 正樹 / Masaki Hirota / ヒロタ マサキ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu LTD (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐別當 祥和 / Yoshikazu Sabetto / サベットウ ヨシカズ
第3著者 所属(和/英) 富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社 (略称: 富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
Fujitsu Kyushu Netowrk Technologies Limited (略称: Fujitsu QNET)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-20 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-8 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会