電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-20 16:55
自律移動Access Pointによる無線LANのSocial Welfare最大化
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・張 成田中良明早大CQ2018-17
抄録 (和) 無線LANでは,アクセスポイントの配下に伝送速度の異なる端末が混在する場合,スループットは遅い端末の影響を受ける.これをPerformance Anomalyという.Performance Anomalyが生じると,アクセスポイント配下の端末すべてのスループットが下がるため,ユーザ体感品質であるQoE (Quality of Experience)も減少する.ユーザの行動には時間依存性や場所依存性があるため,混雑する場所や時間帯が偏る.そこで,アクセスポイントを移動してユーザに近付けることでスループットを上げ,QoEの改善を図ることを考える.本稿では,ユーザ全体のQoEの和であるSocial Welfareに着目し,これが最大になる位置にアクセスポイントを移動させ,固定の場合との差を評価する.その結果,Social Welfareの増加はわずか1%であり,Social Welfare増加のためにアクセスポイントを移動することは不要であることを明らかにしている. 
(英) In wireless LAN, Multi-rate control is a network control method that changes the transmission rate according to signal strength. Therefore, the transmission rate of the mobile station (MST) connected to the access point (AP) is different. System throughput deteriorates due to the influence of the lowest rate MST. This problem is called performance anomaly. Performance anomaly reduces the throughput of all MSTs under the access point. Then, the user experience quality (Quality of Experience: QoE) also decreases. On the other hand, user’s communication behaviour has time dependency and location dependency. Moving the position of the user who is MST closer to the AP can solve the performance anomaly. Therefore, moving the AP to the user increases the throughput, and improves the QoE. In this paper, we set the total QoE of users as social welfare, and move the AP to the position where the social welfare is maximized. By moving AP to the optimal position, the social welfare can be increased by 1%. This value is too small. It will not be useful to move AP from the viewpoint of social welfare.
キーワード (和) 無線LAN / 自律移動 / アクセスポイント / パフォーマンスアノマリ / QoE / Social Welfare / /  
(英) Wireless LAN / Autonomously Moving / Access Point / Performance Anomaly / QoE / Social Welfare / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 8, CQ2018-17, pp. 93-96, 2018年4月.
資料番号 CQ2018-17 
発行日 2018-04-12 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2018-17

研究会情報
研究会 CQ CS  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-04-CQ-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律移動Access Pointによる無線LANのSocial Welfare最大化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Social Welfare Maximization by Autonomously Moving Access Point in Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 自律移動 / Autonomously Moving  
キーワード(3)(和/英) アクセスポイント / Access Point  
キーワード(4)(和/英) パフォーマンスアノマリ / Performance Anomaly  
キーワード(5)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(6)(和/英) Social Welfare / Social Welfare  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 佑紀 / Yuki Hayashi / ハヤシ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第2著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 成 / Cheng Zhang / チョウ セイ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-20 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-17 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会