お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-20 15:30
レプリケータダイナミクスを用いた2元トラヒック受付制御の特性解析
芝山拓志宮田純子芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 帯域の異なる通信を同一網に収容する際,全ユーザの網収容により得られる満足度を最大化する新しい受付制御が提案されている[1].この手法では通信によって異なる満足度が得られるような環境下において,レプリケータダイナミクスを用いてユーザの行動をモデル化することによって網収容により得られる満足度を最大化する.しかし,数値解析による有効性が示されていないため,本稿では提案受付制御の有効性の検証を行う.また,様々なトラヒック状況における特性解析を行う. 
(英) Call admission control has been proposed to maximize satisfaction of users, when the each user requests different bandwidth in the same network[1]. This method maximizes total user satisfaction by modeling user's behavior using replicator dynamics. In the situation, different satisfaction can be obtained by communication. However, effectiveness by numerical analysis is not shown. In this paper, we show the effectiveness of proposal admission control. We also perform characteristic analysis in various traffic situation.
キーワード (和) 受付制御 / 進化ゲーム理論 / レプリケータダイナミクス / 呼損ネットワーク / M/M/S/Sモデル / / /  
(英) Admission control / Game theory / Replicator Dynamics / Call loss network / M/M/S/S-model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 7, CS2018-9, pp. 47-52, 2018年4月.
資料番号 CS2018-9 
発行日 2018-04-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ CS  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-04-CQ-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レプリケータダイナミクスを用いた2元トラヒック受付制御の特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristic analysis of two types of flows admission control using Replicator Dynamics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 受付制御 / Admission control  
キーワード(2)(和/英) 進化ゲーム理論 / Game theory  
キーワード(3)(和/英) レプリケータダイナミクス / Replicator Dynamics  
キーワード(4)(和/英) 呼損ネットワーク / Call loss network  
キーワード(5)(和/英) M/M/S/Sモデル / M/M/S/S-model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝山 拓志 / Hiroshi Shibayama / シバヤマ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura institute of technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura institute of technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-20 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-9 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会