電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-20 10:45
通信履歴の可視化によるネットワーク選択行動の変容
新井田 統福元徳広KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スマートホンやタブレットPCなどの普及により急激なトラヒック量の増加が引き起こされ,通信事業者にとってネットワーク品質の劣化が喫緊の課題となっている.このため、通信サービスの設計において輻輳を避けるネットワーク制御技術の重要性は高まっている.近年,ネットワークの品質を遅延の減少や待機の増加といった工学的な対策ではなく,人の行動の変容によって対策を行う手法が検討されている.本稿は,ユーザによる通信ネットワークの自発的な選択行動によって,トラヒックを複数のネットワークに分散するコンセプトについて論じる.ネットワークの利用履歴を可視化するスマートホン用アプリケーションを開発し,フィールドテストによってWi-Fiの利用が増加するという結果が得られた. 
(英) The degradation of network quality caused by the rapid increase in traffic volume remains as an important issue for telecommunication carrier companies. The control of network quality in order to avoid congestion has become an increasingly important issue in network service design. However, quality has mainly been evaluated in terms of engineering strategy, such as delay reduction and increased bandwidth. It is less common to use a human-centered approach. This paper discusses a concept whereby the traffic load among multiple networks is shared by reinforcing behavior to change to another network. Author developed an application for smartphones. The application visualizes network usage history and supports users to choose an appropriate network. Field studies showed that the concept is effective in Wi-Fi offloading.
キーワード (和) 行動変容 / ユーザ体験 / 人間中心設計 / ヒューマンネットワークインタラクション / / / /  
(英) behavior modification / user experience / human-centered design / human-network interaction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 8, CQ2018-10, pp. 53-58, 2018年4月.
資料番号 CQ2018-10 
発行日 2018-04-12 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ CS  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-04-CQ-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信履歴の可視化によるネットワーク選択行動の変容 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network Choice Behavior Change by Visualizing Communication History 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 行動変容 / behavior modification  
キーワード(2)(和/英) ユーザ体験 / user experience  
キーワード(3)(和/英) 人間中心設計 / human-centered design  
キーワード(4)(和/英) ヒューマンネットワークインタラクション / human-network interaction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井田 統 / Sumaru Niida / ニイダ スマル
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto / フクモト ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research, Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-20 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-10 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会