電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-20 13:30
アクティブ伝搬制御によるSISO伝搬損失およびMIMOチャネル容量改善効果の評価
荒木 凌岩井誠人笹岡秀一同志社大AP2018-10
抄録 (和) 筆者等はこれまでに,無線通信環境内における伝搬特性を能動的に変化させることで,ユーザの通信環境を改善するアクティブ伝搬制御(APC:Active Propagation Control)という概念を提案している.先行研究では正方形金属板を回転させる伝搬特性変化方法を用いたAPCの伝搬特性改善性能を,実測および3次元室内環境を想定したFDTD解析により評価した.本稿では,金属板の回転に加えて安全面への配慮を踏まえて作製した縦ブラインド型の伝搬特性変化装置について,その改善特性および有効性を室内実験により定量的に示す.さらに,実験環境を想定したFDTD解析を行い実測との比較を行う. 
(英) The authors have proposed "Active Propagation Control "(APC) as a method to improve receiving transmission performance of wireless communication channel. By APC, we can obtain better transmission performance by changing propagation characteristics actively. In the previous studies, the effectiveness of APC using rotatable large metal plate was shown by indoor measurement and three-dimensional FDTD analysis. In this paper, we evaluate the performance of another propagation control device developed considering safety for human bodies. The device has rotatable narrow metal plates for changing the propagation characteristics. In order to evaluate the variability of the propagation characteristics by the device quantitatively, we perform indoor experiments. We also analyze the indoor propagation characteristics by using the three-dimensional FDTD and compare the results with those by the experiments.
キーワード (和) 電波伝搬 / 伝搬特性 / アクティブ伝搬制御 / 室内実験 / MIMOチャネル容量 / FDTD / /  
(英) Radio propagation / Propagation characteristic / Active propagation control / Indoor experiment / MIMO channel capacity / FDTD / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 5, AP2018-10, pp. 47-52, 2018年4月.
資料番号 AP2018-10 
発行日 2018-04-12 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-10

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 八丈町商工会 
開催地(英) Hachijomachi-Shokokai 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-04-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクティブ伝搬制御によるSISO伝搬損失およびMIMOチャネル容量改善効果の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Improvement of SISO Propagation Loss and MIMO Channel Capacity by Active Propagation Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio propagation  
キーワード(2)(和/英) 伝搬特性 / Propagation characteristic  
キーワード(3)(和/英) アクティブ伝搬制御 / Active propagation control  
キーワード(4)(和/英) 室内実験 / Indoor experiment  
キーワード(5)(和/英) MIMOチャネル容量 / MIMO channel capacity  
キーワード(6)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 凌 / Ryo Araki / アラキ リョウ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 秀一 / Hideichi Sasaoka / ササオカ ヒデイチ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-20 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-10 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会