電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-19 14:50
PAM-RoHRによる端末共同干渉キャンセラにおける送受信アンテナ数の影響評価
田中祐大梅原大祐京都工繊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動端末同士が基地局からのダウンリンク周波数帯より高い周波数帯を用いて互いに受信信号を共有す ることにより,仮想的に大規模アンテナシステムを形成して受信アンテナダイバーシチの効果を得る端末共同干渉 キャンセラ (Collaborative Interference Canceller,CIC) が提案されている.信号共有の手法の一つとして,高周波 帯を用いた受信信号の共有を離散時間サンプル受信信号を時間的に圧縮して伝送することで行う PAM-RoHR (Pulse Amplitude Modulated Radio over High-frequency Radio) が提案されている.本稿では,計算機シミュレーションに より,PAM-RoHR を用いた CIC における送受信アンテナ数の変化が BER (Bit Error Rate) の性能に与える影響を 評価する.シミュレーション結果より,いずれの送信アンテナ数においても,移動端末数の増加に伴い,受信アンテ ナダイバーシチの効果が有効に得られていることを明らかにする. 
(英) Collaborative interference canceller (CIC) has been proposed to gain receiving antenna diversity by sharing received signals with nearby mobile terminals (MTs) using a higher frequency band. Pulse amplitude mod- ulated radio over higher-frequency radio (PAM-RoHR) has been proposed as a method of signal sharing. Each cooperating MT broadcasts the discrete-time sampled received signals with higher sampling rate to the destination MTs in PAM-RoHR. In this manuscript, we conduct the computer simulations to evaluate the effect of the number of transmitting and receiving antennas on CIC with PAM-RoHR in terms of bit error rate. The simulation results reveal that the receiving antenna diversity increases as the number of cooperating MTs increases for any given the number of transmitting antennas.
キーワード (和) MIMO / アンテナダイバーシチ / 端末共同干渉キャンセラ / PAM-RoHR / 畳み込み符号 / / /  
(英) MIMO / antenna diversity / collaborative interference canceller / PAM-RoHR / convolutinal codes / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 7, CS2018-1, pp. 1-6, 2018年4月.
資料番号 CS2018-1 
発行日 2018-04-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ CS  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-04-CQ-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PAM-RoHRによる端末共同干渉キャンセラにおける送受信アンテナ数の影響評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of the Number of Transmitting and Receiving Antennas on Collaborative Interference Canceller with PAM-RoHR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) アンテナダイバーシチ / antenna diversity  
キーワード(3)(和/英) 端末共同干渉キャンセラ / collaborative interference canceller  
キーワード(4)(和/英) PAM-RoHR / PAM-RoHR  
キーワード(5)(和/英) 畳み込み符号 / convolutinal codes  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祐大 / Yudai Tanaka / タナカ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-19 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-1 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会