電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-19 15:25
有機太陽電池のためのモスアイ反射防止膜の機能性コーティング
栗原弘幸久保田 繁鹿又健作有馬ボシールアハンマド廣瀬文彦山形大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 有機太陽電池は、低コストでフレキシブル、軽量な次世代型の発電デバイスとして、近年注目されている。本研究では、有機太陽電池の性能向上を目的としたモスアイ反射防止の機能性コーティングについて、主に光学シミュレーションを用いて幅広く検討を行った。TiO2の自己浄化特性により反射防止性能を長期安定化することを想定して、モスアイ表面にTiO2膜をコートした場合には、光軸方向の有効屈折率の不連続性のために性能がやや低下することが示された。一方、モスアイ上に、TiO2を上層とする2層コーティングを行うことで、このような性能の低下を一定程度回復できることが判明した。さらに、モスアイ構造の隣り合う円錐間に隙間が存在することで生じる性能の低下を、機能性コーティングにより防止できることが明らかになった。これらの結果は、有機太陽電池のモスアイ反射防止における機能性コーティングの役割に関して、幅広い観点から重要な知見を提供している。 
(英) Organic photovoltaics (OPVs) are expected to be low cost, flexible, and light weight power generation devices in the near future. Here, we examine the antireflection of OPVs using the moth eye structure with functional coating mainly by optimal simulations. We show that when TiO2 coating is introduced on the moth eye surface to maintain the long-term antireflection performance through self-cleaning properties, the photocurrent level is decreased due to discontinuous refractive index profile along the light axis. But, by using two-layer coating including TiO2 film on the moth eye, the performance of OPVs can be recovered to some degree. In addition, the decrease in performance due to gaps between adjacent cones in moth eye array can be compensated by incorporating the functional coating of moth eye. These results provide important insights from wide aspects on the role of the functional coating of moth eye texture for organic photovoltaics.
キーワード (和) 有機太陽電池 / 反射防止 / 機能性コーティング / 光学シミュレーション / / / /  
(英) Organic photovoltaics / Antireflection / Functional coating / Optical simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 9, ED2018-5, pp. 17-20, 2018年4月.
資料番号 ED2018-5 
発行日 2018-04-12 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 山形大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 有機デバイス、酸化物デバイス、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2018-04-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有機太陽電池のためのモスアイ反射防止膜の機能性コーティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functional coating of moth eye antireflection film for organic photovoltaics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機太陽電池 / Organic photovoltaics  
キーワード(2)(和/英) 反射防止 / Antireflection  
キーワード(3)(和/英) 機能性コーティング / Functional coating  
キーワード(4)(和/英) 光学シミュレーション / Optical simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 弘幸 / Hiroyuki Kurihara / クリハラ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 繁 / Shigeru Kubota / クボタ シゲル
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿又 健作 / Kensaku Kanomata / カノマタ ケンサク
第3著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 ボシールアハンマド / Bashir Ahmmad / アリマ ボシールアハンマド
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 文彦 / Fumihiko Hirose / ヒロセ フミヒコ
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-19 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2018-5 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会