お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-19 15:50
[招待講演]OpenFlowの楽しみ ~ 自由な経路の使い方 ~
鶴 正人九工大NS2018-6
抄録 (和) SDN (Software-defined networking) 技術は,データセンタ内LAN,拠点間WAN,無線メッシュネットワークなどへ拡大し,今後のIoTやエッジ・コンピューティング時代のネットワークスライシングやネットワークオーケストレーションの実現に無くてはならないものである.OpenFlowは,最初に実用化されたSDN技術の1つであり,大学での教育・研究においても簡単に利用できるため,今まではシミュレーションでしか楽しめなかった柔軟な経路制御を活用する様々なネットワーク方式を,OpenFlowベースで容易に設計・試作することができる.このような取り組みの例として,複数経路マルチキャストによる一対多ファイル転送とネットワーク連携アクティブ計測による全リンク品質監視を紹介する.前者では,転送ファイルを等長なブロックに分割し,異ブロックを複数経路で同時転送するとともにマルチキャストにより重複転送を防ぐことで各受信者の受信完了時間を短縮する.後者では,計測パケットを全リンク(双方向)にマルチキャストによって重複なしで通過させ,ネットワーク負荷を抑える.次に各スイッチポートでの計測パケット通過数を取得して差分からリンクのパケットロス率を算出するが,その取得順序を工夫して障害リンク検知までに必要な取得回数を減らし,検知を高速化し,スイッチへのアクセス負荷を抑える. 
(英) SDN (Software-defined networking) technology is being adopted and deployed from data center LAN and enterprise WAN to wireless mesh networks and is considered as an enabler for IoT and edge-computing through network slicing and orchestration. OpenFlow is the first SDN component with commercial success and easily available for education and research in universities. OpenFlow allows us to design and prototype a variety of networking schemes involving flexible routing in a unified manner, which were enjoyable only by simulation before. As examples, the multipath-multicast to send a single file to multiple recipients and the network-cooperative active measurement to monitor all links are introduced. In the former, a file to transfer is divided into equally-sized blocks; different blocks are concurrently transmitted to the same recipient over multiple paths while the same block is concurrently transmitted to multiple recipients by multicast; resulting in a shorter reception completion time of each recipient. In the latter, prove packets are forwarded through every link (in both directions) only once to reduce the traffic load on the network. Then, the number of passing packets at each switch port is collected to compute the loss rate of a link based on the difference between the upper and lower sides switches, in which the sequential order of the collections is controlled so as to reduce the number of collections before locating the heavily lossy (bad) links; resulting in a shorter time for locating bad links and a lower overhead of accessing switches.
キーワード (和) OpenFlow / 経路制御 / 複数経路 / マルチキャスト / ファイル転送 / アクティブ計測 / リンク監視 /  
(英) OpenFlow / Routing / Multipath / Multicast / File transfer / Active measurement / Link monitoring /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 6, NS2018-6, pp. 31-36, 2018年4月.
資料番号 NS2018-6 
発行日 2018-04-12 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-6

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2018-04-19 - 2018-04-20 
開催地(和) 福岡大 
開催地(英) Fukuoka Univ. 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource control and management, Traffic engineering, Network reliability and resilience, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowの楽しみ 
サブタイトル(和) 自由な経路の使い方 
タイトル(英) The Fun of OpenFlow 
サブタイトル(英) Simple ways to enjoy flexible routing 
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) 経路制御 / Routing  
キーワード(3)(和/英) 複数経路 / Multipath  
キーワード(4)(和/英) マルチキャスト / Multicast  
キーワード(5)(和/英) ファイル転送 / File transfer  
キーワード(6)(和/英) アクティブ計測 / Active measurement  
キーワード(7)(和/英) リンク監視 / Link monitoring  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KYUTECH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-19 15:50:00 
発表時間 50 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-6 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-04-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会