電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 12:55
変調スペクトルに着目した騒音抑圧法の検討
磯山拓都鵜木祐史北陸先端大EA2017-168 SIP2017-177 SP2017-151
抄録 (和) 騒音抑圧を目的とした従来の手法では,定常騒音の抑圧に対して非常に高い効果をもつことが知られている.
しかし,この方法では時間方向の情報が利用されていないため,現状では間欠・衝撃騒音などの非定常騒音に対して十分な抑圧ができていない.本稿では,時間方向の情報として変調スペクトルに着目し,定常・間欠・衝撃騒音に対応可能な抑圧法を検討する.ここでは,定常・間欠・衝撃騒音に見られる変調スペクトルの特徴を調べ,それぞれの騒音から得られた特徴を打ち消す処理を施した.定常騒音では変調スペクトルの直流成分を,間欠騒音では変調スペクトルの調波性を,衝撃騒音では高域の変調周波数成分を除去した.その結果,(1) それぞれの騒音における音圧レベルの低下,(2) それぞれの騒音を付与した音声における信号対雑音比の改善,(3) それぞれの騒音におけるラウドネス・ラフネスの低下が確認できた.これらの結果から,変調スペクトル上の騒音特有の特徴を利用することで,非定常騒音(定常・間欠・衝撃)を効果的に抑圧できることが示唆された. 
(英) It is known that classical and typical methods for noise suppression can successfully suppress stationary noises. However, non-stationary noises such as intermittent and impulsive noises have not been sufficiently suppressed since these methods have not focused on temporal characteristics. This paper aims to investigate a method for suppressing the stationary, intermittent and impulsive noises besed on their modulation spectrum (MS) as temporal characteristics. MS features in the stationary, intermittent and impulsive noises were investigated and these features were removed from the observed signal to suppress these noises. The direct-current component of MS in the stationary noise, harmonicity of MS in the intermittent noise, and higher modulation-frequency components in the impulsive noise were removed. As results, the following advantages were confirmed: (1) sound pressure level of the noise was decreased, (2) signal-to-noise ratio of the noisy speech was improved, and (3) loudness and roughness of the noises was decreased. These results indicated that the non-stationary noises are successfully suppressed using their MS characteristics.
キーワード (和) 騒音抑圧 / 変調スペクトル分析 / 間欠騒音 / 衝撃騒音 / / / /  
(英) Noise suppression / modulation spectral analysis / intermittent noise / impulsive noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 515, EA2017-168, pp. 361-366, 2018年3月.
資料番号 EA2017-168 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-168 SIP2017-177 SP2017-151

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変調スペクトルに着目した騒音抑圧法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Noise Suppression Method based on Modulation Spectrum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 騒音抑圧 / Noise suppression  
キーワード(2)(和/英) 変調スペクトル分析 / modulation spectral analysis  
キーワード(3)(和/英) 間欠騒音 / intermittent noise  
キーワード(4)(和/英) 衝撃騒音 / impulsive noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯山 拓都 / Takuto Isoyama / イソヤマ タクト
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜木 祐史 / Masashi Unoki / ウノキ マサシ
第2著者 所属(和/英) 先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-168,IEICE-SIP2017-177,IEICE-SP2017-151 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.361-366 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会