電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]Color-Line特性の平面近似を用いたヘイズ除去
山口拓郎真鍋昂一郎池原雅章慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 従来のColor-Lineを利用したヘイズ除去では,局所的なカラー画像の画素をRGB3次元空間上にプロットすると1本の直線上に分布することを前提とする.しかし実際の分布は1本のみならず,2本の直線や,一点に集約しているものが存在していることがわかった.本研究はこれらの矛盾点に着目し,平面近似を用いてColor-Lineの形状を推定し,各形状について選択的に処理を実行することで,より高精度なヘイズ除去手法を実現した. 
(英) Conventional haze removal methods assume plots of local color pixels in the RGB color space is distributed on a straight line.
However, there are some distribution patterns like not only a line but also two lines and a point. In our research, we focus on these points and utilize plane approximation to estimate the shape of distribution. Finally, we change the process for each patch according to the shape of the distribution and obtain a high accuracy haze removal method.
キーワード (和) ディヘイズ / ヘイズ除去 / カラーライン / 平面近似 / / / /  
(英) Dehaze / Haze Removal / Color-Line / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 516, SIP2017-169, pp. 317-322, 2018年3月.
資料番号 SIP2017-169 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Color-Line特性の平面近似を用いたヘイズ除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Haze Removal based on Surface Approximation of Color-Line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディヘイズ / Dehaze  
キーワード(2)(和/英) ヘイズ除去 / Haze Removal  
キーワード(3)(和/英) カラーライン / Color-Line  
キーワード(4)(和/英) 平面近似 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 拓郎 / Takuro Yamaguchi / ヤマグチ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 昂一郎 / Koichiro Manabe / マナベ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池原 雅章 / Masaaki Ikehara / イケハラ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2017-160,IEICE-SIP2017-169,IEICE-SP2017-143 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.317-322 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会