電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]間引かれた音響信号からの特徴復元による異常検知
川口洋平日立EA2017-161 SIP2017-170 SP2017-144
抄録 (和) 我々は,機械の稼動音を監視して機械の異常を診断するシステムの実現を目指している.本研究では,サンプリングレートの低減,すなわち,sub-Nyquistサンプリングにより,監視コストの低減を図る.本発表では,sub-Nyquistサンプリングで間引かれた音響信号から特徴を復元することで,異常検知を可能にする方法を提案する. 
(英) We aim to reduce the cost of sound monitoring for maintain machinery by reducing the sampling rate, i.e., sub-Nyquist sampling. Monitoring based on sub-Nyquist sampling requires two sub-systems: a sub-system on-site for sampling machinery sounds at a low rate and a sub-system off-site for detecting anomalies from the subsampled signal. This paper proposes a feature reconstruction method for enabling anomaly detection from the subsampled signal.
キーワード (和) 機械状態監視 / sub-Nyquist サンプリング / ニューラルネットワーク / long short-term memory (LSTM) / / / /  
(英) machine condition monitoring / sub-Nyquist sampling / neural network / long short-term memory (LSTM) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 516, SIP2017-170, pp. 323-327, 2018年3月.
資料番号 SIP2017-170 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-161 SIP2017-170 SP2017-144

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 間引かれた音響信号からの特徴復元による異常検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anomaly Detection by Reconstructing Features from Subsampled Audio Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械状態監視 / machine condition monitoring  
キーワード(2)(和/英) sub-Nyquist サンプリング / sub-Nyquist sampling  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク / neural network  
キーワード(4)(和/英) long short-term memory (LSTM) / long short-term memory (LSTM)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 洋平 / Yohei Kawaguchi / カワグチ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2017-161,IEICE-SIP2017-170,IEICE-SP2017-144 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.323-327 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会