電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]防災行政無線屋外拡声レベルのU50に基づく最適設計
西村竜一NICT)・坂本修一東北大)・苣木禎史千葉工大)・崔 正烈東北大EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
抄録 (和) 防災行政無線屋外拡声器による放送は,迅速な報知ばかりでなく,地震により公衆無線回線網のシステム障害やアクセス集中による通信障害が発生した際の最後の情報伝達手段として,重要な役割を果たす.受聴可能域を広げるために多くの屋外拡声器が点在配置されるが,複数の音声が異なる遅れ時間で受聴者に届くため,発話内容の聞き取りが困難になるロングパスエコーが問題となる.この問題の軽減に向け,音声の再生速度や単語間の空隙を調整する手法や,再生タイミングを拡声器間で連携して制御する手法などが提案されている.これらは時間要素を適切に制御することで問題解決を試みたものだが,本研究では,屋外拡声器の音声レベルを適切に制御することで問題解決を試みる.音声の聞き取り易さの評価値としては,残響環境での音声了解度指標として提案された U50 に着目する.本来,U50 は初期到来音と後部残響音のエネルギー比で定義されるが,レベル制御下のロングパスエコー問題では,初期到来音が音声聴取の主要要素になるとは必ずしも限らない.そこで,新たに確率的 U50 を定義し,この評価値を用いた全体最適化手法を提案する.これにより,同一レベルで出力した場合と比較して,U50 が平均で 6.5 dB 向上した. 
(英) Announcement through outdoor loudspeakers of disaster prevention administrative radio is important not only for early warning but also as the final channel to convey information to evacuating people when the public wireless network is down due to earthquake or flood of access request. Loudspeakers are placed at scattered points in order to cover a wide area but it causes a so-called long-path echo problem by which speech becomes difficult to catch because a single speech arrives multiple times with different delays. An attempt to solve this problem was to controll the speed of utterance appropriately. Another is to adjust the length of silent portions. These research works focused on the temporal aspect of speech. In contrast, we try to ease the problem by adjusting output levels of loudspeakers, employing U50. It was proposed as an index of speech intelligibility in a reverberant environment and defined as a ratio of the energy of early and late sound components. In the long-path echo problem, the early sound is not always the primary component for understanding the speech. Therefore, we newly proposed probabilistic U50 and conducted global optimization with respect to it. As a result, improvement by 6.5 dB was achieved, compared with the case where the speech is presented at the equal level at all loudspeakers.
キーワード (和) 防災行政無線 / 屋外拡声装置 / 確率的 U50 / EMアルゴリズム / 音声了解度 / / /  
(英) Disaster prevention administrative radio / Outdoor loudspeaker / Probabilistic U50 / EM algorithm / Speech intelligibility / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 515, EA2017-146, pp. 245-250, 2018年3月.
資料番号 EA2017-146 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 防災行政無線屋外拡声レベルのU50に基づく最適設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of Outdoor Loudspeaker Level Based on U50 for Disaster Prevention Administrative Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 防災行政無線 / Disaster prevention administrative radio  
キーワード(2)(和/英) 屋外拡声装置 / Outdoor loudspeaker  
キーワード(3)(和/英) 確率的 U50 / Probabilistic U50  
キーワード(4)(和/英) EMアルゴリズム / EM algorithm  
キーワード(5)(和/英) 音声了解度 / Speech intelligibility  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 竜一 / Ryouichi Nishimura / ニシムラ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 修一 / Shuichi Sakamoto / サカモト シュウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 正烈 / Zhenglie Cui / サイ セイレツ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-146,IEICE-SIP2017-155,IEICE-SP2017-129 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.245-250 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会