お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]A Hybrid Approach on Electrolaryngeal Speech Enhancement based on Spectral Differential Features and Noise Suppression
Mohammad EshghiKazuhiro KobayashiTomoki TodaNagoya Univ.EA2017-141 SIP2017-150 SP2017-124
抄録 (和) This work presents a hybrid approach for enhancing the quality of the electrolaryngeal (EL) speech. Current hybrid enhancement systems rely on noise suppression and statistical voice conversion techniques. However, utilizing a vocoder to generate the converted waveform usually degrades the quality of the converted speech. To alleviate the quality degradation caused by the vocoder, we proposed a vocoder-free enhancement method based on direct modification of the waveform using differences in spectral features of the EL and normal speeches. After applying a time-variant filter to the EL speech for enhancing its quality, noise suppression is further applied to the enhanced EL speech to reduce remaining time-varying noise components. To evaluate the effectiveness of our proposed method, subjective evaluations based on an opinion test on intelligibility has been performed. Our experimental results show that the proposed method improves intelligibility of the EL speech. 
(英) This work presents a hybrid approach for enhancing the quality of the electrolaryngeal (EL) speech. Current hybrid enhancement systems rely on noise suppression and statistical voice conversion techniques. However, utilizing a vocoder to generate the converted waveform usually degrades the quality of the converted speech. To alleviate the quality degradation caused by the vocoder, we proposed a vocoder-free enhancement method based on direct modification of the waveform using differences in spectral features of the EL and normal speeches. After applying a time-variant filter to the EL speech for enhancing its quality, noise suppression is further applied to the enhanced EL speech to reduce remaining time-varying noise components. To evaluate the effectiveness of our proposed method, subjective evaluations based on an opinion test on intelligibility has been performed. Our experimental results show that the proposed method improves intelligibility of the EL speech.
キーワード (和) Electrolaryngeal speech enhancement / spectral subtraction / statistical voice conversion / differential spectral features / time-variant filtering / / /  
(英) Electrolaryngeal speech enhancement / spectral subtraction / statistical voice conversion / differential spectral features / time-variant filtering / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-124, pp. 221-226, 2018年3月.
資料番号 SP2017-124 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-141 SIP2017-150 SP2017-124

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Hybrid Approach on Electrolaryngeal Speech Enhancement based on Spectral Differential Features and Noise Suppression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Electrolaryngeal speech enhancement / Electrolaryngeal speech enhancement  
キーワード(2)(和/英) spectral subtraction / spectral subtraction  
キーワード(3)(和/英) statistical voice conversion / statistical voice conversion  
キーワード(4)(和/英) differential spectral features / differential spectral features  
キーワード(5)(和/英) time-variant filtering / time-variant filtering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Mohammad Eshghi / Mohammad Eshghi /
第1著者 所属(和/英) Nagoya University, Graduate School of Information Science (略称: 名大)
Nagoya University, Graduate School of Information Science (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kazuhiro Kobayashi / Kazuhiro Kobayashi /
第2著者 所属(和/英) Information Technology Center (略称: 名大)
Information Technology Center (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoki Toda / Tomoki Toda /
第3著者 所属(和/英) Information Technology Center (略称: 名大)
Information Technology Center (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-141,IEICE-SIP2017-150,IEICE-SP2017-124 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会