電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 12:30
発話音声を用いた骨導音声の伝達特性の分析
鳥谷輝樹北陸先端大)・Peter Birkholzドレスデン工科大)・鵜木祐史北陸先端大EA2017-167 SIP2017-176 SP2017-150
抄録 (和) 本稿では,骨導音声の伝達特性を明らかにするために,側頭骨・外耳道に到達する骨導音声成分のスペクトル特徴を調べた.まず,5つの母音を発声したときの気導音声・側頭骨振動・外耳道内音声を収録し,ケプストラム法と線形予測分析によりスペクトル包絡を調べた.その結果,側頭骨振動および外耳道内音声のスペクトル形状は母音の種類によりやや異なることが分かった.次に,英文音読時の上記3 種類の音声を収録し,それらの長時間平均スペクトル(LTAS)を調べた.その結果,側頭骨振動・外耳道内音声ともに,気導音声に比べてパワーが低域側に偏る傾向があることが分かった.最後に,得られたLTAS から音源特性を補正し,喉頭から各観測位置までの伝達特性を推定した.その結果,喉頭から側頭骨への伝達では2 kHz 未満の成分が強調され,喉頭から外耳道への伝達では1.5~3 kHzの成分が強調される特性を持つことが分かった.以上より,骨導音声の2 kHz周辺の成分の知覚には外耳への伝達が寄与しており,それよりも低い成分の知覚には外耳以外への伝達が寄与している可能性が示唆される. 
(英) This paper investigated spectral characteristics of temporal bone (TB) and ear canal (EC) components of bone-conducted speech (BC), to clarify the BC transmission process. Firstly, speakers' air-conducted (AC) speech, TB vibration, and EC radiated speech of 5 vowel utterances were recorded and their spectral envelopes were analyzed using cepstrum method and linear prediction analysis. The results showed that spectral shapes derived from TB vibration and EC speech are different each other. Secondly, AC speech, TB vibration and EC speech during sentence-reading were recorded and their long-term average spectra (LTAS) were analyzed. The results showed that both TB vibration and EC speech have a dominant component in lower frequency region compared to AC speech. Lastly, voice source characteristics in each LTAS were compensated, to estimate the transmission characteristics from their larynxes to the observation positions. The results showed that larynx-to-TB transmission emphasizes the frequency components below 2 kHz, and larynx-to-EC transmission emphasizes the components between 1.5 and 3 kHz. From these results, it was indicated that the outer ear part of BC might contribute to perception of higher frequency components and the other parts of BC might contribute to perception of lower frequency components.
キーワード (和) 気導音声 / 骨導音声 / スペクトル特徴 / 伝達特性 / / / /  
(英) air-conducted speech / bone-conducted speech / spectral characteristics / transmission characteristics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 515, EA2017-167, pp. 355-360, 2018年3月.
資料番号 EA2017-167 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-167 SIP2017-176 SP2017-150

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発話音声を用いた骨導音声の伝達特性の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of transmission characteristics of bone-conducted speech using spoken voice 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 気導音声 / air-conducted speech  
キーワード(2)(和/英) 骨導音声 / bone-conducted speech  
キーワード(3)(和/英) スペクトル特徴 / spectral characteristics  
キーワード(4)(和/英) 伝達特性 / transmission characteristics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥谷 輝樹 / Teruki Toya / トヤ テルキ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Peter Birkholz / Peter Birkholz / ピーター バークホルツ
第2著者 所属(和/英) ドレスデン工科大学 (略称: ドレスデン工科大)
Technical University of Dresden (略称: Tech. Univ. of Dresden)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜木 祐史 / Masashi Unoki / ウノキ マサシ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 12:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-167,IEICE-SIP2017-176,IEICE-SP2017-150 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.355-360 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会