電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 15:45
[ショートペーパー]圧縮センシングのMRI応用におけるオブリークスキャン法の検討
佐々木裕也伊藤聡志宇都宮大MI2017-102
抄録 (和) MRIに圧縮センシングを応用する場合,信号空間の高域の収集密度を低く設定する可変密度ランダム収集を利用することが多い.このとき,スパース性が高くない画像の場合は再生像の分解能が低下する傾向がある.また,MRIで得られる画像は位相を含んだ画像となるため,圧縮センシングのMRI応用では,位相を考慮した再構成が求められる.本研究では,再生像の高品質化を目的として提案されているオブリークスキャンを,位相画像へと応用し有効性を確認した.結果,位相画像を用いた場合でも,カルテシアンスキャンを用いた場合に比べて,より高分解能な画像を得ることができた.位相を含む画像においても,オブリークスキャンが有効であることが示唆された. 
(英) Compressed sensing (CS) theory requires the sensed image to be sparse in a given orthogonal basis. When the sensed image doesn’t have high-sparseness, the resolution and textures of reconstructed images will be reduced. In this study, we applied oblique scanning to phase varied images and examined to improve spatial resolution and to obtain better quality of images in CS-MRI. As a result, higher spatial resolution was obtained in oblique scanning compared to conventional method. These experiments showed that oblique scanning based CS has possibility to improve the resolution of reconstructed images.
キーワード (和) 圧縮センシング / 分解能 / 位相 / オブリークスキャン / / / /  
(英) compressed sensing / resolution / phase varied image / oblique scanning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 518, MI2017-102, pp. 133-134, 2018年3月.
資料番号 MI2017-102 
発行日 2018-03-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2017-102

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングのMRI応用におけるオブリークスキャン法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Oblique Scanning in MR Compressed Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(2)(和/英) 分解能 / resolution  
キーワード(3)(和/英) 位相 / phase varied image  
キーワード(4)(和/英) オブリークスキャン / oblique scanning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 裕也 / Yuya Sasaki / ササキ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 聡志 / Satoshi Ito / イトウ サトシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 15:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2017-102 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.518 
ページ範囲 pp.133-134 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MI-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会