電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]パラメトリックスピーカにおける周波数変調キャリアに基づく周波数ピーク雑音低減に適した変調パラメタの検討
森 海里福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大EA2017-151 SIP2017-160 SP2017-134
抄録 (和) パラメトリックスピーカを用いた従来の変調方式では,超音波素子の共振周波数を振幅変調波におけるキャリア周波数として用いる.
しかし,パラメトリックスピーカからキャリア周波数が一定の振幅変調波を大音圧かつ長時間放射することによって,超音波素子の疲労破壊を引き起こし,その結果,周波数ピーク雑音が発生する.
そこで本稿では,キャリア周波数により周波数ピーク雑音の音圧が変化することに着目し,キャリア周波数が時間遷移するように周波数変調を行った周波数変調キャリアを用いることにより,周波数ピーク雑音を低減する手法を提案する.
評価実験では,提案法により複数の変調パラメタを用いて周波数変調キャリアを生成し,従来の純音を用いたキャリアと周波数変調キャリアを放射した際の周波数ピーク雑音の音圧に関する客観評価実験を実施し,各変調パラメタにおける周波数ピーク雑音の音圧低減性能を評価した. 
(英) In the conventional modulation method using a parametric loudspeaker, a resonance frequency of an ultrasonic element is used as the carrier frequency of an amplitude modulated wave.
However, by emitting the amplitude modulated wave for a long time, fatigue failure of the element causes, a spectral peak noise also occurs.
Thus we proposed the noise reduction method to design the amplitude modulated wave with the frequency modulated carrier wave.
Finally, we evaluated noise reduction performance through objective evaluation experiments on the sound pressure of the noise.
キーワード (和) パラメトリックスピーカ / 疲労破壊 / 周波数ピーク雑音 / 周波数変調キャリア / 雑音低減 / / /  
(英) Parametric loudspeaker / Fatigue fracture / Spectral peak noise / Frequency modulated carrier wave / Noise reduction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 515, EA2017-151, pp. 275-276, 2018年3月.
資料番号 EA2017-151 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-151 SIP2017-160 SP2017-134

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックスピーカにおける周波数変調キャリアに基づく周波数ピーク雑音低減に適した変調パラメタの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on suitable modulation parameters for spectral peak noise reduction based on frequency modulated carrier in parametric loudspeaker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) 疲労破壊 / Fatigue fracture  
キーワード(3)(和/英) 周波数ピーク雑音 / Spectral peak noise  
キーワード(4)(和/英) 周波数変調キャリア / Frequency modulated carrier wave  
キーワード(5)(和/英) 雑音低減 / Noise reduction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 海里 / Kairi Mori / モリ カイリ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-151,IEICE-SIP2017-160,IEICE-SP2017-134 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.275-276 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会