電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]無声子音区間検出と狭帯域音声の帯域拡張
浅和 駿杉浦陽介島村徹也埼玉大EA2017-143 SIP2017-152 SP2017-126
抄録 (和) 電話音声は帯域制限のため高周波成分の情報が失われ,音質が劣化してしまう.
本論文では整流処理を用いる帯域拡張法を提案し,擬似的に高周波成分を生成することを試みる.
また,従来法では復元が難しいとされる無声子音を復元するために,帯域制限音声を対象にした無声子音区間検出法についての提案を行う.
客観評価実験を行い,提案法の有効性及び無声子音区間判別の重要性が示された. 
(英) Usually, high frequency components of telephone speech are lost due to bandwidth limitation.
In this paper, we propose a new artificial bandwidth extension method using multi phase rectification.
Furthermore, we propose a detection method of voiceless consonants.
This detection method is used for restoring voiceless consonants.
Objective experiments showed that the proposed method provides better results in comparison with the conventional method.
キーワード (和) 帯域拡張 / 狭帯域音声 / 無声子音 / / / / /  
(英) Artificial bandwidth extension(ABWE) / Narrow band speech / Voiceless consonant / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-126, pp. 231-234, 2018年3月.
資料番号 SP2017-126 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-143 SIP2017-152 SP2017-126

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無声子音区間検出と狭帯域音声の帯域拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Voiceless Consonant Detection and Artificial Bandwidth Extension of Narrow Band Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域拡張 / Artificial bandwidth extension(ABWE)  
キーワード(2)(和/英) 狭帯域音声 / Narrow band speech  
キーワード(3)(和/英) 無声子音 / Voiceless consonant  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅和 駿 / Shun Asawa / アサワ シュン
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama Univercity (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 陽介 / Yosuke Sugiura / スギウラ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama Univercity (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島村 徹也 / Tetsuya Shimamura / シマムラ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama Univercity (略称: Saitama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-143,IEICE-SIP2017-152,IEICE-SP2017-126 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.231-234 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会