電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]バブル雑音重畳と強調処理された音声の模擬難聴下における了解度
大橋成美余村直子山本克彦和歌山大)・荒木章子木下慶介中谷智広NTT)・入野俊夫和歌山大EA2017-116 SIP2017-125 SP2017-99
抄録 (和) 音声強調処理および難聴者のための客観的予測指標を開発することを目的とし, その基礎データとなる主観評価値を得るための聴取実験を行なった. 実験刺激音声としてバブル雑音を重畳した雑音音声にスペクトル減算法, ウィナーフィルタ法を適用した強調音声を用意した.被験対象者は若年健聴者とし, (1) 実験刺激音声を直接聴取する場合と (2) 模擬難聴処理を施して老人性難聴者の聞こえを模擬した音声を聴取する場合の2条件について検討を行なった. 結果として,模擬難聴処理条件の音声了解度は最も高い場合でも20%を下回り,直接聴取条件の値の半分以下であった. 音素ごとの分析を行なった結果,高周波成分を持つ子音が,模擬難聴処理による高周波減衰により異聴することが多いことがわかった. 
(英) Subjective experiments were performed to develop speech intelligibility (SI) prediction metrics for both hearing-impaired (HI) and normal hearing (NH) listeners. Listening test was performed with noisy speech sounds with additive bubble noise. Speech enhancement conditions were (1) unprocessed, (2) a spectral subtraction, and (3) a Wiener filtering. Normal hearing listeners participated in a set of experiments to listen either (1) direct sounds or (2) sounds processed by an HI simulator. Results showed that speech intelligibility with the HI-simulator condition was less than 20 percent even in the highest SNR. Confusion matrices revealed consonants with high-frequency components were largely confused with other consonants because the HI simulation reduced high-frequency components.
キーワード (和) 音声強調 / 音声了解度 / 模擬難聴 / 主観評価 / / / /  
(英) speech enhancement / speech intelligibility / hearing impaired simulator / subjective evaluation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-99, pp. 87-92, 2018年3月.
資料番号 SP2017-99 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-116 SIP2017-125 SP2017-99

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バブル雑音重畳と強調処理された音声の模擬難聴下における了解度 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Intelligibility of speech with additive bubble noise and enhancement under hearing impairment simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声強調 / speech enhancement  
キーワード(2)(和/英) 音声了解度 / speech intelligibility  
キーワード(3)(和/英) 模擬難聴 / hearing impaired simulator  
キーワード(4)(和/英) 主観評価 / subjective evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 成美 / Narumi Ohashi / オオハシ ナルミ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 余村 直子 / Naoko Yomura / ヨムラ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 克彦 / Katsuhiko Yamamoto / ヤマモト カツヒコ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 章子 / Shoko Araki / アラキ ショウコ
第4著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 慶介 / Keisuke Kinoshita / キノシタ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 智広 / Tomohiro Nakatani / ナカタニ トモヒロ
第6著者 所属(和/英) NTT コミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 入野 俊夫 / Toshio Irino / イリノ トシオ
第7著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-116,IEICE-SIP2017-125,IEICE-SP2017-99 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会