電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]留守録音声の緊急・非緊急判別における音響特徴量の検討
堀 松仁明大)・神山歩相名小橋川 哲NTT)・嵯峨山茂樹明大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,留守番録音音声を対象に,緊急・非緊急性の判別に有効な音響特徴量について分析した.従来研究では,主に通話音声に含まれる顧客の「喜び」「怒り」等の一般感情を推定するために有効な音響特徴量の検討が行われてきた.また,通話音声ではなく,単語音声が緊急であるか判別する研究も取り組まれているが,音響特徴量の検討は十分とは言えなかった.本研究では,顧客が企業に緊急性の高い要望を伝えるシナリオを設定し収録した模擬留守録音声データを収集し,緊急・非緊急判別に有効な特徴量を検討した.その結果,基本周波数の最大値と最小値の平均値と全体平均値の差,パワーの最大値と分散及び,話速の平均値について緊急の音声と非緊急の音声において有意な差が観測された.そこで,従来からで用いられてきたMFCCに加えて,有意な差が生じた音響特徴量を用いて緊急音声と非緊急音声の判別実験を行った.その結果,従来方法のMFCCと各特徴量を組み合わせることで,判別精度が向上した.また,全ての特徴量を組み合わせることで,従来のMFCCのみの判別精度65%から73%に改善された.これにより本研究で検討した特徴量が全て有効であることが確認された. 
(英) In this paper, we investigate the effectiveness of acoustic features for detecting urgency in voicemail. In previous research, acoustic features for the estimation of emotions such as joy and anger were investigated. Furthermore, the detection of urgency in single word recordings has been studied. In our research, we used a more complex data set containing recordings of simulated voicemail in which the customer tells highly urgent requests to a company. In our experiments, the discrimination accuracy rose from 65% when only using MFCC features as in previous research, to 73% when using all acoustic features discussed in this paper.
キーワード (和) 感情認識 / 緊急・非緊急判別 / 音響特徴量 / 留守録音声 / / / /  
(英) Emotion estimation / Speech urgency detection / Acoustic features / Voicemail / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-95, pp. 63-68, 2018年3月.
資料番号 SP2017-95 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 留守録音声の緊急・非緊急判別における音響特徴量の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic analysis of speech for emergency speech detection of voicemail 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感情認識 / Emotion estimation  
キーワード(2)(和/英) 緊急・非緊急判別 / Speech urgency detection  
キーワード(3)(和/英) 音響特徴量 / Acoustic features  
キーワード(4)(和/英) 留守録音声 / Voicemail  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 松仁 / Matsuto Hori / ホリ マツト
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神山 歩相名 / Hosana Kamiyama / カミヤマ ホサナ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTメディアインテリジェンス研究所 (略称: NTT)
NTT Media Intelligence Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小橋川 哲 / Satoshi Kobashikawa / コバシカワ サトシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTメディアインテリジェンス研究所 (略称: NTT)
NTT Media Intelligence Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 嵯峨山 茂樹 / Shigeki Sagayama / サガヤマ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-112,IEICE-SIP2017-121,IEICE-SP2017-95 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会