電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 15:40
アプリによる中国語発音能力向上効果の比較
康 茗淞伊藤 篤宇都宮大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 中国語発音に関する教材,及び電子教材は,簡単な中国語会話の模倣練習を中心にしたものが多い.しかし,中国語の意味伝達において重要な「声調」という要素の訓練が疎かにされがちである.このため,不正確な発音を身に着けてしまい,学習の進捗が滞ることが多い.そこで,我々は,これらの問題を解決するため,これまでの教材に抜けている,順序を追って正しく「声調」を身につけることに重点を置いた,声調の学習アプリの開発を行っている.このアプリでは,我々が実施した感知実験を基に作成した,4種類の中国語声調の学習に効果のあると考えられる感知問題集を用いている.本論文では,一般的な中国語教材と,我々が開発した感知訓練アプリによる声調発音能力向上の評価実験を行い,我々が作成した教材は,一般的な教材に比べ有効性が高いことを示すことができた. 
(英) Many teaching materials on Chinese pronunciation and electronic teaching materials are focused on imitation exercises of simple Chinese conversation. However, it is easy to discourage the training of elements called "tone", which is important in semantic communication in Chinese. For this reason, incorrect pronunciation wears, progress of learning is often stalled. Therefore, in order to solve these problems, we are developing a learning application of tone that emphasizes on correctly acquiring "tone" by following the order which is missing in the past teaching materials. This application uses a collection of sensing problems that are thought to be effective for the learning of four kinds of Chinese tone words that were created based on the sensing experiments we conducted. In this paper, we describe the effectiveness of our application by evaluating the improvement of tonal pronunciation ability by using general Chinese teaching materials and the sensory training application developed by us.
キーワード (和) 中国語学習 / 声調言語 / 発音学習 / 感知訓練 / 学習ツール / / /  
(英) Chinese Language Study / Tone Language / Pronunciation Study / Sensory Training / Learning Tool / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 519, TL2017-69, pp. 57-62, 2018年3月.
資料番号 TL2017-69 
発行日 2018-03-12 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-19 
開催地(和) 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 
開催地(英) Waseda University 
テーマ(和) テーマ(1):言語と学習・言語の学習 テーマ(2):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション テーマ(3):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション 
テーマ(英) Theme 1 : Language and Learning, Learning Language, Theme 2: Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3: Interpretation, Translation, Theory of linguistic relativity and hospitality communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2018-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アプリによる中国語発音能力向上効果の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of effectiveness of mobile application to improve Chinese tone pronunciation ability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中国語学習 / Chinese Language Study  
キーワード(2)(和/英) 声調言語 / Tone Language  
キーワード(3)(和/英) 発音学習 / Pronunciation Study  
キーワード(4)(和/英) 感知訓練 / Sensory Training  
キーワード(5)(和/英) 学習ツール / Learning Tool  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 康 茗淞 / MingSung Kang / カン ミンソン
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2017-69 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.519 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会