電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]音想起に係る脳磁界反応の比較 ~ 等しいエンベロープをもつ音声と純音 ~
宇澤志保美神戸大/産総研)・滝口哲也有木康夫神戸大)・添田喜治産総研)・中川誠司千葉大/産総研EA2017-115 SIP2017-124 SP2017-98
抄録 (和) 近年,脳活動を意思伝達手段として活用するブレインコンピュータインターフェース(BCI) の開発研究が進められている.しかし,意思伝達型BCIシステムの多くは,あらかじめ用意された選択肢の中から判別することしかできない.より汎用性のあるBCIの開発のためには,ヒトの脳活動から意思そのものを解読できることが望ましい.しかしながら,想起対象となる音に含まれる物理パラメータが脳反応与える影響については未だ不明な点が残されている.本研究では,想起した音声の振幅エンベロープと伴って生じる脳活動の関係を調査した.音声を想起時,および想起音声と等しい振幅エンベロープを持つ純音を想起時の脳磁界の時間-周波数特徴量を,連続ウェーブレット変換 (Continuous Wavelet Transform: CWT) を用いて推定した.主成分分析 (Principal Component Analysis : PCA) によって次元圧縮された特徴量を抽出し,サポートベクターマシン (Support Vector Machine: SVM) によって識別率を比較した. 
(英) Brain computer interface (BCI) technologies, which enable direct communication between the brain and external devices, have been developed. However, with most of the BCI systems, users can only choose something from among what was prepared in advance. To develop more versatile BCI systems that can detect a user's intention or thoughts, the brain responses associated with verbal imagery need to be clarified. However, it was unclear how each parameter of the imagined sound reflected to the brain response associated with sound imagery. Therefore, in this study, we investigated relationships between the amplitude-envelope of the imagined sound and brain activity. First, the time-frequency features were extracted from brain responses for the imagery of speech sounds and pure tones with same envelopes with speech sounds using a continuous wavelet transform (CWT) and a principal component analysis (PCA). Finally, the discriminative accuracy was compared using a support vector Machine (SVM).
キーワード (和) 脳磁界計測 / 音声想起 / 振幅エンベロープ / 純音 / / / /  
(英) magnetoencephalography / speech sound imagery / envelope of amplitude / pure tone / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-98, pp. 81-86, 2018年3月.
資料番号 SP2017-98 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-115 SIP2017-124 SP2017-98

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音想起に係る脳磁界反応の比較 
サブタイトル(和) 等しいエンベロープをもつ音声と純音 
タイトル(英) Investigation of Brain Magnetic Fields Associated with Sound Imagery 
サブタイトル(英) Speech and Pure Tone with Similar Envelopes 
キーワード(1)(和/英) 脳磁界計測 / magnetoencephalography  
キーワード(2)(和/英) 音声想起 / speech sound imagery  
キーワード(3)(和/英) 振幅エンベロープ / envelope of amplitude  
キーワード(4)(和/英) 純音 / pure tone  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇澤 志保美 / Shihomi Uzawa / ウザワ シホミ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学/産業総合技術研究所 (略称: 神戸大/産総研)
Kobe University/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: Kobe Univ./AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝口 哲也 / Tetsuya Takiguchi / タキグチ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有木 康夫 / Yasuo Ariki / アリキ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 添田 喜治 / Yoshiharu Soeta / ソエタ ヨシハル
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 誠司 / Seiji Nakagawa / ナカガワ セイジ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学/産業技術総合研究所 (略称: 千葉大/産総研)
Chiba University/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: Chiba Univ./AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-115,IEICE-SIP2017-124,IEICE-SP2017-98 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会