電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]アフレコ自動採点を目的とした発話の分節的・韻律的比較に関する実験的検討
大鶴拓哉峯松信明齋藤大輔東大EA2017-114 SIP2017-123 SP2017-97
抄録 (和) 日本語教育,特に音声教育の現場において,日本語学習者によるアフレコ大会が流行している。本研究では学習者によるアフレコ音声を,そのお手本音声と比較し,分節的側面及び韻律的側面から,両音声がどこで「ずれているのか」を自動検出し,学習者に教示する技術について検討した。教育応用を主眼とした技術開発であるため,モデル話者・学習者間の年齢・性別の不一致(非言語的不一致)に起因する音響的差異に対して頑健に動作する技術とする必要がある。また,韻律的比較はピッチパターンの比較を必要とするが,基本周波数抽出において観測される抽出エラーを回避できる技術が望まれる。本報告では特に,韻律的比較に焦点を置いて報告する。 
(英) In Japanese language education, especially in its speech training, dubbing-based training has gained a
huge popularity. In this paper, novel techniques toward automatic assessment of dubbing speech are proposed based on segmental and prosodic comparison of a model utterance and a learner’s utterance. The proposed techniques can detect and feed back the segments that contain segmental or prosodic gaps between the two utterances. Here, a special attention was paid to robustness of comparison. Between a model speaker and a learner, age and gender are often different and results of comparison should be independent of acoustic differences found in their voices due to these factors. Prosodic comparison requires pitch pattern comparison between two utterances. However, extraction of F0 often induces extraction errors. To avoid this, an error-free algorithm for prosodic comparison is proposed. In
this paper, a main focus is put on the error-free prosodic comparison.
キーワード (和) 日本語音声教育 / アフレコ採点 / 発話比較 / 分節的側面 / 韻律的側面 / 頑健性 / /  
(英) Speech training of Japanese / Dubbing assessment / Utterance comparison / Segmental and prosodic aspects / Robustness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-97, pp. 75-80, 2018年3月.
資料番号 SP2017-97 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-114 SIP2017-123 SP2017-97

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アフレコ自動採点を目的とした発話の分節的・韻律的比較に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study on Segmental and Prosodic Comparison of Utterances for Automatic Assessment of Dubbing Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 日本語音声教育 / Speech training of Japanese  
キーワード(2)(和/英) アフレコ採点 / Dubbing assessment  
キーワード(3)(和/英) 発話比較 / Utterance comparison  
キーワード(4)(和/英) 分節的側面 / Segmental and prosodic aspects  
キーワード(5)(和/英) 韻律的側面 / Robustness  
キーワード(6)(和/英) 頑健性 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鶴 拓哉 / Takuya Ozuru / オオヅル タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯松 信明 / Nobuaki Minematsu / ミネマツ ノブアキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 大輔 / Daisuke Saito / サイトウ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-114,IEICE-SIP2017-123,IEICE-SP2017-97 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会