電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]バーチャルセンシングを用いたフィードフォワードANCシステムの実装における有効性の検証
枝元祥馬梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ANCシステムは騒音に対して同振幅,逆位相の擬似騒音を生成することで騒音を打ち消す技術である.その際,消音領域は配置された誤差マイクロホンを中心に生成される.そのため,誤差マイクロホンをユーザの耳元に配置できない際には騒音の低減が困難となる.その対策法として,我々はフィードフォワード型のバーチャルセンシングシステムを提案してきた.今回は,本システムの実装における構築の自由度について,従来システムであるフィードバック型のバーチャルセンシングシステムと比較することで検討を行う. 
(英) Active noise control (ANC) utilizes the superposition property of acoustic waves. When an anti-noise wave is elegantly generated to have the same amplitude but inverse phase of the noise wave, it can reduce the noise level at the desired location, where an error microphone is placed to monitor the error signal and make the whole system a close loop control problem. In the case when the error microphone cannot be placed at the desired noise reduction location, virtual sensing techniques are needed. Therefore, we have proposed the feedforward ANC system with virtual sensing technique. In this paper, we will examine the flexibility in the implementation of the proposed system by comparing it with the feedback system with the virtual sensing technique.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / フィードフォワードシステム / フィードバックシステム / 誤差マイクロホン / バーチャルセンシング / / /  
(英) Active Noise Control (ANC) / Feedfoward system / Feedback system / Error microphone / Virtual sensing technique / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 516, SIP2017-140, pp. 163-168, 2018年3月.
資料番号 SIP2017-140 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バーチャルセンシングを用いたフィードフォワードANCシステムの実装における有効性の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the implementation of the Feedforward ANC system using virtual sensing technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / Active Noise Control (ANC)  
キーワード(2)(和/英) フィードフォワードシステム / Feedfoward system  
キーワード(3)(和/英) フィードバックシステム / Feedback system  
キーワード(4)(和/英) 誤差マイクロホン / Error microphone  
キーワード(5)(和/英) バーチャルセンシング / Virtual sensing technique  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 枝元 祥馬 / Shoma Edamoto / エダモト ショウマ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2017-131,IEICE-SIP2017-140,IEICE-SP2017-114 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.163-168 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会