電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]シミュレーションと実験によるバイノーラル信号を用いた水平面音像定位実験
青山 澪坂本大地土屋隆生同志社大EA2017-121 SIP2017-130 SP2017-104
抄録 (和) 本報告では、バイノーラル信号を実験で取得した場合と、波動法 (WE-FDTD法) を用いた数値シミュレーションで作成した場合、音線法とHRTFの組み合わせを用いて作成したそれぞれの場合について、取得された信号が水平面の音像定位性能に与える影響を検証した。実験とシミュレーションとも、10kHzまでは典型的なHRTFが取得できることが分かった。取得された実験2種類、計算3種類のHRIRを用いて音像定位実験を実施した。結果に対しt検定を行ったところ、実験と波動法による結果では一部に有意差が認められたが,これは実験の精度が影響したためと考えられる。しかし、実験、計算を含め他のHRIRによる音像定位実験の間に有意差は見られなかったことから計算によるHRIRでも十分に利用可能であると考えられる。 
(英) In this study, horizontal sound localizations experiments with binaural signals obtained by experiments and numerical simulations are examined. The binaural signals are generated by head related impulse responses (HRIRs) obtained by experiments, and calculated by the wave-based simulation method and the ray-tracing method. It is found that typical head related transfer functions (HRTFs) can be obtained up to 10 kHz for experiments and simulations. The horizontal sound localization experiments are then examined with two HRIRs obtained by experiments and three HRIRs obtained by calculation. The significant difference is observed by t-test in the results between the HRIRs obtained by the experiment and the wave-based simulation. This is due to the influence of experimental accuracy. However, the significant differences are not observed in the horizontal sound localization experiments between the other HRIRs, including experiments and calculations. So it is considered to be sufficiently usable even with HRIR by calculation.
キーワード (和) バイノーラル信号 / バイノーラル音空間レンダリング / ダミーヘッド / 水平面音像定位 / / / /  
(英) binaural signal / binaural sound field rendering / dummy head / horizontal sound localization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 515, EA2017-121, pp. 117-120, 2018年3月.
資料番号 EA2017-121 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-121 SIP2017-130 SP2017-104

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シミュレーションと実験によるバイノーラル信号を用いた水平面音像定位実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Horizontal sound localization with binaural signals obtained by numerical simulation and experiment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイノーラル信号 / binaural signal  
キーワード(2)(和/英) バイノーラル音空間レンダリング / binaural sound field rendering  
キーワード(3)(和/英) ダミーヘッド / dummy head  
キーワード(4)(和/英) 水平面音像定位 / horizontal sound localization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 澪 / Mio Aoyama / アオヤマ ミオ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 大地 / Daichi Sakamoto / サカモト ダイチ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 隆生 / Takao Tsuchiya / ツチヤ タカオ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-121,IEICE-SIP2017-130,IEICE-SP2017-104 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.117-120 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会