電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]出力追従制御を応用したトランスオーラル再生制御器の緩和処理に関する一検討
松井健太郎伊藤敦郎NHK)・森 翔平井上正樹足立修一慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 出力追従制御を応用した,チャンネルベース音響のトランスオーラル再生法を検討している.本稿では,出力追従性能を犠牲にして制御器のゲインを抑制する緩和処理と,そのトランスオーラル再生への応用を提案する.ラインアレイスピーカを二次音源とする制御器設計により提案法と従来法を比較し,出力追従誤差をある程度許容することにより,制御器のゲインを従来法より大きく抑制できることを確認した. 
(英) We have been studying binaural reproduction of channel-based audio applying output tracking control. This article proposes a method to suppress the gain of the controller at the cost of losing its tracking performance and its application to the binaural reproduction over loudspeakers. Comparison of the proposed and conventional methods, in which a line array loudspeaker was used as a set of secondary sound sources in the controller design,
revealed that the proposed method further suppressed the gain of the controller as long as being allowed its tracking errors to some extent.
キーワード (和) トランスオーラル再生 / 線形行列不等式 / 凸計画問題 / 緩和処理 / / / /  
(英) binaural reproduction over loudspeakers / linear matrix inequality / convex programming problem / mitigation processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 515, EA2017-120, pp. 111-116, 2018年3月.
資料番号 EA2017-120 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 出力追従制御を応用したトランスオーラル再生制御器の緩和処理に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Mitigation Processing of Binaural Reproduction Controller Applying Output Tracking Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トランスオーラル再生 / binaural reproduction over loudspeakers  
キーワード(2)(和/英) 線形行列不等式 / linear matrix inequality  
キーワード(3)(和/英) 凸計画問題 / convex programming problem  
キーワード(4)(和/英) 緩和処理 / mitigation processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 健太郎 / Kentaro Matsui / マツイ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 敦郎 / Atsuro Ito / イトウ アツロウ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 翔平 / Shohei Mori / モリ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 正樹 / Masaki Inoue / イノウエ マサキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 足立 修一 / Shuichi Adachi / アダチ シュウイチ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-120,IEICE-SIP2017-129,IEICE-SP2017-103 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会