電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 15:40
MEGを用いた賦活領域推定とその視覚刺激サイズ依存性
渡邊孝一東大/木更津高専)・椛島健太東大)・天野 薫NICT)・奈良高明東大/JSTさきがけMI2017-82
抄録 (和) 本研究では,MEG計測信号から灰白質(皮質)表面の電流源の領域を推定する.
脳を同心球でモデル化し,ソースの電流密度は領域内で一定でかつ,ソースは皮質表面に面分布するという仮定のもと,三次元磁場を領域線積分で表現可能なモデル式を導出する.
皮質に拘束された領域推定解を得るために,皮質の離散点群を球面上に対応させ,領域点群を球面に拘束したうえで補間関数により皮質上の領域点群を得る.
本稿では,後頭葉の視覚野のMEG反応に着目し,視覚刺激の大きさを変化させたときの皮質のソース領域変化の推定を試みた.
その結果,視野刺激サイズに対応した皮質ソース領域の広がりが確認できた. 
(英) In this study, we estimate the current source region on the surface of the cortex from the MEG signal.
Based on assumptions that the brain is modeled by concentric sphere, the current density of a source is constant within the region, and the source is distributed on the surface of the cortex, we derived a model that can express a magnetic field by a boundary integral follows from the Sarvas’ equation and the Stokes’ law.
In order to obtain a source region constrained to the cortex, discrete points of the cortex are made to correspond to the spherical surface, and region points are constrained to the spherical surface, and then region points on the cortex is obtained by the interpolation function.
In this paper, we focused on MEG response from the visual cortex of the occipital lobe, and we examine how the source region of the cortex changed when the magnitude of the visual stimulus was changed.
As a result, it was able to show that a source region on the cortex was spread correspond to the visual stimulus size.
キーワード (和) 脳磁図 / 賦活領域推定 / 視覚刺激サイズ / 境界線積分 / RBF補間 / / /  
(英) MEG / Activation contour estimation / Visual stimulus size / Contour integral / RBF interpolation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 518, MI2017-82, pp. 57-62, 2018年3月.
資料番号 MI2017-82 
発行日 2018-03-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2017-82

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MEGを用いた賦活領域推定とその視覚刺激サイズ依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Activation contour estimation and its visual stimulus size dependence using MEG 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳磁図 / MEG  
キーワード(2)(和/英) 賦活領域推定 / Activation contour estimation  
キーワード(3)(和/英) 視覚刺激サイズ / Visual stimulus size  
キーワード(4)(和/英) 境界線積分 / Contour integral  
キーワード(5)(和/英) RBF補間 / RBF interpolation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 孝一 / Kouichi Watanabe / ワタナベ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学/木更津工業高等専門学校 (略称: 東大/木更津高専)
The University of Tokyo/National Institute of Technology, Kisarazu College (略称: Univ. of Tokyo/NIT, Kisarazu College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 椛島 健太 / Kenta Kabashima / カバシマ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 薫 / Kaoru Amano / アマノ カオル
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奈良 高明 / Takaaki Nara / ナラ タカアキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学/JSTさきがけ (略称: 東大/JSTさきがけ)
The University of Tokyo/JST PRESTO (略称: Univ. of Tokyo/JST PRESTO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 15:40:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2017-82 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.518 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会