電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]発話時の残響時間によるフォルマント周波数の変化と残響下における了解度
久保理恵子赤木正人北陸先端大EA2017-108 SIP2017-117 SP2017-91
抄録 (和) 残響下の了解性に関与する音響変化,発話変形を明らかにするため,残響時間の異なる発話時の残響時間によって残響下の了解度が変化した話者を対象に,
さまざまな残響環境で発話された音声の母音区間について音響分析を行った.結果,残響時間により F1 の上昇や F2 の上昇または下降が生じることが確認され,開口度や前舌性・後舌性といった素性が明確になることが示唆された.明確な調音により言語音の特性を明確化した "clear speech" が,発話時の残響時間に応じて段階的に生じ,了解度の改善に寄与したことが考えられる. 
(英) In order to investigate speech
modifications under reverberant environments, and relationships between the
modifications and speech intelligibility in reverberant environments, acoustic analyses were performed for vowel parts produced by a male speaker in 4 reverberant environments. The results showed that F1 and F2 frequencies shift in addition to decrease/increase speech level, lengthening of duration depending on the reverberant environments. The F1 and F2 shifting showed different pattern by vowel type. It indicates that acoustic/articulatory features of each vowel became clearer. It is suggested that speech produced under reverberant environments is hyper-articulated speech (i.e., clear speech) with less coarticulation and steeper formant transitions which can contribute to speech intelligibility in reverberant environments.
キーワード (和) 音声了解度 / 残響時間 / 調音結合 / フォルマント遷移 / Clear speech / / /  
(英) Speech intelligibility / Reverberation time / Coarticulation / Formant transition / Clear speech / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-91, pp. 39-44, 2018年3月.
資料番号 SP2017-91 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-108 SIP2017-117 SP2017-91

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発話時の残響時間によるフォルマント周波数の変化と残響下における了解度 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic properties of vowel produced under environments with different reberberation time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声了解度 / Speech intelligibility  
キーワード(2)(和/英) 残響時間 / Reverberation time  
キーワード(3)(和/英) 調音結合 / Coarticulation  
キーワード(4)(和/英) フォルマント遷移 / Formant transition  
キーワード(5)(和/英) Clear speech / Clear speech  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 理恵子 / Rieko Kubo / クボ リエコ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤木 正人 / Masato Akagi / アカギ マサト
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-108,IEICE-SIP2017-117,IEICE-SP2017-91 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会