電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-18 16:10
マルチレベルの深層特徴を用いた歩行者検出
小平美沙季王 彧加藤ジェーン名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,歩行者検出におけるCNN 特徴量の効果的な適用方法を解明することを目的とする.実験では,「入力画像サイズ」,「特徴抽出を行う層」,「正規化」,「複数の特徴ベクトルの組み合わせ」に関して異なる設定でCNN 特徴量の抽出・エンコーディング・分類を行い,検出精度に対する影響を検証した.提案手法では,実験において良い性能を発揮した設定を応用し,ベースラインの手法,state-of-the-artの手法との性能比較を行うことで,その有用性を確認した. 
(英) In this research, we aim to clarify effective application of CNN features in pedestrian detection. In the experiment, feature extraction, encoding, and classification of CNN features are performed with different settings for "input image size", "layers for feature extraction", "normalization"and "combination of plural feature vectors". In the proposed method, we apply the settings that demonstrated good performance in the experiments. Usefulness of our method was confirmed by comparing the performance with the baseline method and the state-of-the-art method.
キーワード (和) 歩行者検出 / CNN特徴量 / / / / / /  
(英) pedestrian detection / cnn feature / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 514, PRMU2017-188, pp. 97-102, 2018年3月.
資料番号 PRMU2017-188 
発行日 2018-03-11 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2018-03-18 - 2018-03-19 
開催地(和) 青山学院大学 青山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) オープンイノベーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2018-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチレベルの深層特徴を用いた歩行者検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pedestrian Detection with Multi-level Deep Features 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者検出 / pedestrian detection  
キーワード(2)(和/英) CNN特徴量 / cnn feature  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小平 美沙季 / Misaki Kodaira / コダイラ ミサキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 彧 / Yu Wang / ワン ユ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 ジェーン / Jien Kato / カトウ ジェーン
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-18 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2017-52,IEICE-PRMU2017-188 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.513(BioX), no.514(PRMU) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2018-03-11,IEICE-PRMU-2018-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会