電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-14 09:45
聴覚障害者にとって読みやすい要約筆記全体投影表示条件の検討 ~ 1行の表示文字数と表示行数 ~
森田ひろみ筑波大)・佐藤 匡吉備国際大)・山岡千恵子三宅初穂全要研
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 聴覚障害の保障手段の一つ,パソコン要約筆記全体投影の読みやすい表示条件を調べるために,講演動画と要約筆記を隣り合ったスクリーンに投影し,聴覚障害者と健聴者を対象に,スクリーン上の1行の表示文字数と表示行数を変えて読みやすさと主観的なスクロールの速さを測定する実験を行った.その結果,聴覚障害の有無にかかわらず表示文字数が15文字と20文字の条件の読みやすさが最も高く評価され,聴覚障害者にとって,表示行数が6行以上の条件ではスクロール速度がやや遅いと評価された.スクロール速度を個人にあわせることができない場合に読み速度の遅い読み手に合わせることが望ましいこと等を考えると,本実験の結果より,聴覚障害者にとって読みやすい要約筆記全体投影の表示条件として,表示文字数15文字から20文字,表示行数6行以上が推奨される. 
(英) In order to investigate readable display conditions of total projection of summary transcriptions, we projected a lecture video on a screen and its summary transcription on the neighboring screen and have hearing impaired participants and normal hearing participants evaluate readability and subjective speed of scrolling. The number of characters per line and the number of lines displayed on the screen were varied. The result was that both hearing impaired and normal hearing participants gave higher evaluations to the condition of 15 characters and 20 characters. Hearing impaired participants estimated the scrolling speed to be slower when more than 4 lines were displayed. The result suggest that the condition of 15 characters to 20characters per line and more than 4 lines is preferable for total projection of summary transcriptions for hearing impaired people including who read slower due to multiple impairment.
キーワード (和) 聴覚障害者 / 情報保障 / 要約筆記 / スクロール表示 / 読みやすさ / / /  
(英) Hearing impaired / Information support / Summary transcription / Scrolling / Readability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 509, HCS2017-107, pp. 83-88, 2018年3月.
資料番号 HCS2017-107 
発行日 2018-03-06 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2018-03-13 - 2018-03-14 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University 
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2018-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴覚障害者にとって読みやすい要約筆記全体投影表示条件の検討 
サブタイトル(和) 1行の表示文字数と表示行数 
タイトル(英) Readability of Total Projection of Summary Transcriptions for Hearing Impaired People 
サブタイトル(英) The Number of Characters per Line and the Number of Lines 
キーワード(1)(和/英) 聴覚障害者 / Hearing impaired  
キーワード(2)(和/英) 情報保障 / Information support  
キーワード(3)(和/英) 要約筆記 / Summary transcription  
キーワード(4)(和/英) スクロール表示 / Scrolling  
キーワード(5)(和/英) 読みやすさ / Readability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 ひろみ / Hiromi Morita / モリタ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 匡 / Tadashi Sato / サトウ タダシ
第2著者 所属(和/英) 吉備国際大学 (略称: 吉備国際大)
Kibi International University (略称: KIBI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 千恵子 / Chieko Yamaoka / ヤマオカ チエコ
第3著者 所属(和/英) 全国要約筆記問題研究会 (略称: 全要研)
Zenyouken (略称: Zenyouken)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 初穂 / Hatsuho Miyake / ミヤケ ハツホ
第4著者 所属(和/英) 全国要約筆記問題研究会 (略称: 全要研)
Zenyouken (略称: Zenyouken)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-14 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2017-107 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.509 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会