お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-14 13:10
表面筋電チャネル間における筋活動推移の類似性を用いた黙声日本語単音認識
永井秀利九工大MBE2017-104
抄録 (和) 表面筋電を用いた黙声認識において,子音の認識は大きな課題の一つである.子音には短時間で急激な活動変化をするものもあるため,連続する窓でその推移を捉えるには,窓幅を狭くして細かく刻む必要がある.その場合,ノイズのような乱れや発声速度の変動に対して弱くなる.また,各種発声に対し,すべての筋が同等に寄与しているわけではない.寄与していない筋はノイズと同じで認識に悪影響を与える可能性が高い.しかし,あるチャネルの表面筋電信号のみで,そのチャネルの寄与の程度を判断することは困難である.
発声時にはその発声に応じた複数筋の協調動作がなされるため,その協調の様子に発声の特徴差が存在する可能性は十分にありうる.そこで本研究では,チャネルの組における筋活動推移の類似度とその組の重要度とに基づいた特徴量を提案し,これを認識パラメータとして,母音単独または子音+母音からなる孤立黙声単音の認識を試みた. 
(英) In inaudible speech recognition based on surface EMG, recognition of consonants is one of the important tasks. When uttering some kinds of consonants, muscle activities change rapidly in a short time. So, in order to capture the transitions using a sequence of windows, it is necessary to narrow the windows and to reduce the shift size of windows. In that case, the extracted feature values becomes vulnerable to signal changes like noise and fluctuation of utterance speed. Also, not all muscles contribute equivalently to various utterance. The feature values extracted from the EMGs of muscles that are not contributing is the same as the noise, and will adversely affect the recognition result. However, it is difficult to judge the degree of contribution of the channel from the signal of the channel.
At utterance, muscles work cooperatively according to the utterance. Therefore, there is a high possibility that features that are effective for recognition may exist in the state of cooperation of the muscles. In this paper, we propose a feature based on the similarity of the muscle activity transitions of the channel pair and the importance of the pair. And using the feature as the recognition parameter, we tried to recognize an isolated Japanese syllable which is a single vowel or a sequence of a consonant and a vowel.
キーワード (和) 黙声認識 / サイレント音声認識 / 表面筋電 / ウェーブレット解析 / ウェーブレット重心 / 重心推移法 / /  
(英) inaudible speech recognition / silent speech recognition / surface EMG / wavelet analysis / wavelets' center-of-balance / center-of-balance transition method / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 507, MBE2017-104, pp. 119-124, 2018年3月.
資料番号 MBE2017-104 
発行日 2018-03-06 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2017-104

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2018-03-13 - 2018-03-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2018-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表面筋電チャネル間における筋活動推移の類似性を用いた黙声日本語単音認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Silent Japanese Single Syllable Recognition using Similarities of Muscular Activity Transitions between EMG Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 黙声認識 / inaudible speech recognition  
キーワード(2)(和/英) サイレント音声認識 / silent speech recognition  
キーワード(3)(和/英) 表面筋電 / surface EMG  
キーワード(4)(和/英) ウェーブレット解析 / wavelet analysis  
キーワード(5)(和/英) ウェーブレット重心 / wavelets' center-of-balance  
キーワード(6)(和/英) 重心推移法 / center-of-balance transition method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 秀利 / Hidetoshi Nagai / ナガイ ヒデトシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-14 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2017-104 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.507 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会