電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-14 10:50
神経細胞のシミュレーションにおける膜電位のダイナミクスに与える浮動小数点数の精度の影響
藤田一寿津山高専/電通大)・樫森与志喜電通大NC2017-90
抄録 (和) 近年,神経系の大規模シミュレーションもしくはリアルタイムシミュレーションが盛んに試みられている.このような試みでは,スーパーコンピュータを用いたものもあればワークステーションを用いたものもある.ワークステーションなどで高速なシミュレーションを行うためにグラフィックボード上のGPUが用いられることが多い.コンピュータ上で神経のシミュレーションを行う場合,より精度が高い倍精度浮動小数点数が用いられる.しかし,グラフィックボード上のGPUによる計算では倍精度浮動小数点数の演算は遅いため,単精度浮動小数点数を用いたほうが高速に計算が行われる.さらに,高速計算ではデータ転送にかかる時間がボトルネックとなるため,データ量が少ない単精度浮動小数点数を用いたい場合もある.このように,神経活動のコンピュータシミュレーションにおいて,単精度浮動小数点数の需要があるにも関わらず,神経応答と浮動小数点数の精度の関係を取り扱った研究の例は少ない.本研究では,様々な神経モデルの示す神経活動のダイナミクスが浮動小数点数の精度によりどのように変わるか調べた. 
(英) In recent years, a large-scale simulation and a real-time simulation of the neural system has been extensively attempted. For a large-scale simulation and a real-time simulation, not only a supercomputer but also a desktop workstation are used. In a simulation using a desktop workstation, acceleration of simulation is often achieved by a graphics boards or an accelerator board with GPUs. Computational time using a graphics boards with the single precision floating point is shorter than that with the double precision floating point. Furthermore, using single precision floating point can reduce data transfer time. In this study, we investigate the effect of single precision and double precision floating points on the dynamics of the neuronal activity in the computer simulation.
キーワード (和) 浮動小数点数 / 神経モデル / カオス / / / / /  
(英) floating point precision / neuron model / chaos / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 508, NC2017-90, pp. 133-138, 2018年3月.
資料番号 NC2017-90 
発行日 2018-03-06 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2017-90

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2018-03-13 - 2018-03-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 神経細胞のシミュレーションにおける膜電位のダイナミクスに与える浮動小数点数の精度の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of floating point precision on dynamics of membrane potential in neuronal simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 浮動小数点数 / floating point precision  
キーワード(2)(和/英) 神経モデル / neuron model  
キーワード(3)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 一寿 / Kazuhisa Fujita / フジタ カズヒサ
第1著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校/電気通信大学 (略称: 津山高専/電通大)
National Institute of Technology, Tsuyama College/ University of Electro-Communications (略称: NIT, Tsuyama Col./ UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫森 与志喜 / Yoshiki Kashimori / カシモリ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-14 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2017-90 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.508 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会