お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-14 10:00
MMG/EMGハイブリッドセンサを用いた足こぎ車椅子のペダリング評価
福原真一川崎医療福祉大)・渡辺彰吾・○岡 久雄岡山大MBE2017-100
抄録 (和) 筋を収縮させるための電気信号(EMG)と筋収縮した結果生じる筋音信号(MMG)を同時計測できるMMG/EMGハイブリッドセンサを用いて,動的運動時の筋収縮機能を評価する方法について検討した.本研究では,足こぎ車椅子をペダリングした際,負荷の有無によってどのようにペダリングすなわち筋負担が変わるかを評価する方法について提案した.被験者は健常な成人男性3名(60代,30代,20代)とした.その結果,動的運動中であってもEMGと変位MMGの波形は安定して測定でき,変位MMGを周波数解析して得られた変位MMGFTはペダル負荷とともに顕著に増加した.また,最大値で規格化したEMGFTと受動的な関節運動で規格化した変位MMGFTとの間に強い相関関係が示された.これらの結果から,MMG/EMGハイブリッドセンサを用いて筋収縮の詳細な評価が可能となることが示された. 
(英) Evaluation of muscle contraction during dynamic exercise was investigated using the MMG/EMG hybrid transducer that could simultaneously measure electromyogram (EMG) and mechanomyogram (MMG). In this study, we proposed an evaluation of muscle contraction by changing the pedaling load of cycling wheelchair. The volunteers were three healthy adult males (60s, 30s, and 20s). As a result, the EMG and displacement MMG signals were stably recorded even during dynamic pedaling exercise. The dMMGFT obtained by frequency analysis of displacement MMG increased with pedaling load remarkably. In addition, there was a strong correlation between the EMGFT (obtained from frequency analysis of EMG) normalized by maximum EMGFT and dMMGFT normalized by passive exercise (without an active pedaling). This result suggested that the muscle contraction could be evaluated in detail by simultaneous measurement of MMG and EMG using the MMG / EMG hybrid transducer.
キーワード (和) 筋音図 / 筋電図 / 足こぎ車椅子 / 周波数解析 / / / /  
(英) Mechanomyogram / Electromyogram / Cycling wheelchair / Frequency analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 507, MBE2017-100, pp. 99-102, 2018年3月.
資料番号 MBE2017-100 
発行日 2018-03-06 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2017-100

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2018-03-13 - 2018-03-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2018-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MMG/EMGハイブリッドセンサを用いた足こぎ車椅子のペダリング評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of cycling wheelchair pedaling by using MMG/EMG hybrid transducer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 筋音図 / Mechanomyogram  
キーワード(2)(和/英) 筋電図 / Electromyogram  
キーワード(3)(和/英) 足こぎ車椅子 / Cycling wheelchair  
キーワード(4)(和/英) 周波数解析 / Frequency analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福原 真一 / Shinichi Fukuhara / フクハラ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 川崎医療福祉大学 (略称: 川崎医療福祉大)
Kawasaki University of Medical Welfare (略称: Kawasaki University of Medical Welfare)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 彰吾 / Shogo Watanabe / ワタナベ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 久雄 / Hisao Oka / オカ ヒサオ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-14 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2017-100 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.507 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会