お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 13:25
両眼視野闘争下におけるアレキシサイミア傾向者の表情知覚の特性
髙橋玲央行場次朗東北大HCS2017-97
抄録 (和) アレキシサイミアとは感情の同定,言語化の困難に特徴づけられるパーソナリティ特性であり,表情認知の障害と関連することが報告されている.アレキシサイミアは感情の意識的経験の鈍麻と考えられるが,アレキシサイミアと情動的表情の意識へののぼりやすさとの関連性は十分に検討されていない.本研究では,表情刺激とモザイク刺激によって両眼視野闘争を生じさせ,アレキシサイミア傾向高群と低群で表情刺激の優位性に差がみられるかどうかを検討した.その結果,アレキシサイミア傾向低群においては情動価に応じた表情刺激の弁別的意識化がみられるのに対し,高群では弁別的意識化が生じないことを見出した. 
(英) Alexithymia is a personality construct characterized by difficulties in identifying and describing emotions, and is associated with impaired recognition of emotional facial expressions. Prior research has suggested that alexithymia represents a deficit in conscious experience of emotion. However, little is known about the relationship between alexithymia and accessibility to consciousness of emotional expressions. We induced binocular rivalry by presenting two different pictures (face and mosaic stimuli) and investigated perceptual predominance of facial expressions in high and low alexithymic groups. Results suggested that the high alexithymic participants could not discriminate emotional valence of the facial expressions during binocular rivalry.
キーワード (和) アレキシサイミア / 両眼視野闘争 / 意識 / 表情認知 / 情動価 / / /  
(英) Alexithymia / Binocular Rivalry / Consciousness / Perception of Facial Expression / Emotional Valence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 509, HCS2017-97, pp. 23-28, 2018年3月.
資料番号 HCS2017-97 
発行日 2018-03-06 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2017-97

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2018-03-13 - 2018-03-14 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University 
テーマ(和) 豊かなコミュニケーションを実現する理論と技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2018-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 両眼視野闘争下におけるアレキシサイミア傾向者の表情知覚の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristics of perceiving facial expressions during binocular rivalry in alexithymia 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アレキシサイミア / Alexithymia  
キーワード(2)(和/英) 両眼視野闘争 / Binocular Rivalry  
キーワード(3)(和/英) 意識 / Consciousness  
キーワード(4)(和/英) 表情認知 / Perception of Facial Expression  
キーワード(5)(和/英) 情動価 / Emotional Valence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 玲央 / Reo Takahashi / タカハシ レオ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 行場 次朗 / Jiro Gyoba / ギョウバ ジロウ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2017-97 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.509 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会