電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 16:20
フェージング環境におけるアンテナ選択によるCMA/MMAアダプティブアレーの干渉抑圧特性安定化
丸田一輝安 昌俊千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 定包絡線アルゴリズム(CMA)はチャネル情報の推定が不要なアダプティブアレーアルゴリズムの一つとして知られており,未知の干渉を抑圧可能であることから異システム間周波数共用への応用等が期待される.しかし,CMAは初期状態において所望信号を捕捉することで干渉を抑圧するよう最適化を図るアルゴリズムであるため,瞬時変動を伴う伝搬環境では誤って干渉信号を捕捉してしまう恐れがある.本稿では,レイリーフェージング環境において,受信レベルが最大となるアンテナをCMAの初期入力とすることで所望信号を捕捉する確率を高め,干渉抑圧特性を簡易に安定化させる手法を提案する.その捕捉確率は受信アンテナ数の増大に伴い改善可能であることを示す.さらに,CMAの改良手法である多値定包絡線アルゴリズム(MMA)適用時の提案方式の有効性も明らかにする. 
(英) This paper proposes an initial antenna selection for constant modulus-based blind interference suppression algorithms to stabilize their prominent interference suppression performance. Constant modulus algorithm (CMA) is well known blind adaptive array scheme, but it cannot suppress the interference when signal-to-interference power ratio (SIR) is smaller than 0 dB. It faces strong limits on their applicable region over Rayleigh fading channels where instantaneous channel gain fluctuates over 10 dB range. Even if the expected desired signal strength is larger than interference, CMA may still miscapture the interference and incorrectly suppress the desired signal. Our proposal is simplified approach to select the antenna element whose reception power is maximal. Certain antenna element can be expected to capture the desired signal precisely under the condition where SIR is statistically positive, so that the CMA processor can utilize it as an initial input. This condition will be ensured by increasing antenna element number, supported by the trends that base station antenna elements are going massive. This paper also verified applicability for multi modulus algorithm (MMA) to accommodate M-ary QAM use.
キーワード (和) アダプティブアレー / 定包絡線アルゴリズム / アンテナ選択 / 多素子アンテナ / / / /  
(英) Adaptive array / Constant modulus algorithm / Antenna selection / Massive antenna / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-114, pp. 151-155, 2018年3月.
資料番号 CS2017-114 
発行日 2018-03-05 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-13 
開催地(和) 九州大学 西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-03-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フェージング環境におけるアンテナ選択によるCMA/MMAアダプティブアレーの干渉抑圧特性安定化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stabilized Interference Suppression by Initial Antenna Selection for CMA/MMA Adaptive Array over Fading Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive array  
キーワード(2)(和/英) 定包絡線アルゴリズム / Constant modulus algorithm  
キーワード(3)(和/英) アンテナ選択 / Antenna selection  
キーワード(4)(和/英) 多素子アンテナ / Massive antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2017-160,IEICE-CS2017-114 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.503(CAS), no.504(CS) 
ページ範囲 pp.151-155 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2018-03-05,IEICE-CS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会