電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 09:20
周波数共用のためのOrthogonal Precoded DFT-s-OFDMの提案
川崎 耀石津健太郎児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 4G LTEのアップリンクではOFDM信号の高いピーク電力対平均電力比性能(PAPR)を低減するためにDFT-precodingを導入したDFT-s-OFDMが採用されているが,通常のOFDMと全く同様に信号の帯域外漏洩電力(OOBE)が高いという問題がある.他方,OFDM信号の高いOOBEを抑圧する手法としてOrthogonal Precodingが提案されており,誤り率を劣化させずに柔軟なスペクトル整形が行えることからダイナミックスペクトルアクセス型周波数共用への応用が期待されている.本研究では周波数共用の実現に向け,これら二つの手法を組み合わせた新規プリコーディング手法Orthogonal Precoded DFT-s-OFDMを提案し,数値実験により有効性を検証する.実験結果より,提案法は通常のDFT-s-OFDMに比べてPAPR特性及びデータレートが僅かに劣化するものの,誤り率を劣化させずに,1.4 MHz及び10 MHzのLTEシステムで30dB以上の効果的なOOBE抑圧を行えることが示された. 
(英) DFT-s-OFDM has been adopted in the 4G LTE uplink which is induced by DFT-precoding to reduce high peak-to-average-power ratio (PAPR) of usual OFDM signals, on the other hand, its high spectral sidelobes remain, resulting in high out-of-band emission (OOBE). This paper proposes a novel precoding scheme named as orthogonal precoded DFT-s-OFDM for spectrum sharing by applying the idea of orthogonal precoding proposed for OOBE suppression of OFDM signals. Numerical experiments show that its OOBE is suppressed effectively by about 30 dB in LTE systems of bandwidth 1.4 MHz and 10 MHz as reserving all advantages of orthogonal precoding although it causes an acceptable penalty in the PAPR reduction of DFT-s-OFDM.
キーワード (和) 帯域外漏洩電力(OOBE)抑圧 / DFT-s-OFDM / ダイナミックスペクトルアクセス型周波数共用 / / / / /  
(英) Out-of-band emission suppression / DFT-s-OFDM / Spectrum Sharing in Dynamic Spectrum Access / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-100, pp. 75-80, 2018年3月.
資料番号 CS2017-100 
発行日 2018-03-05 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-13 
開催地(和) 九州大学 西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-03-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共用のためのOrthogonal Precoded DFT-s-OFDMの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Orthogonal Precoded DFT-s-OFDM for Spectrum Sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域外漏洩電力(OOBE)抑圧 / Out-of-band emission suppression  
キーワード(2)(和/英) DFT-s-OFDM / DFT-s-OFDM  
キーワード(3)(和/英) ダイナミックスペクトルアクセス型周波数共用 / Spectrum Sharing in Dynamic Spectrum Access  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 耀 / Hikaru Kawasaki / カワサキ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2017-146,IEICE-CS2017-100 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.503(CAS), no.504(CS) 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2018-03-05,IEICE-CS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会