電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-12 10:20
光ファイバ数削減に向けたモバイルフロントホールの無線リンク収容
久野大介阪大)・中山 悠東大)・丸田一輝千葉大)・丸田章博阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Centralized radio access network(C-RAN)は,モバイル基地局のアンテナ部を含むDistributed unit (DU)をアンテナサイトに光ファイバを用いて張り出し,MAC層,RLC層,およびPDCP層などの上位プロトコルを制御する機能ブロックをCentral unit (CU)に集中配備する構成をとる.CU-DU間のリンクは,敷設された光ファイバにより結ばれモバイルフロントホール(MFH)と呼ばれる.アンテナサイトに張り出されるモバイル基地局の数は,年々増加傾向にあり,MFHを構成するために必要となる光ファイバ数も増加する一途である.MFHリンクを構成する光ファイバを削減することは喫緊の課題である.
本稿では,センサーネットワーク等で広く検討されている無線マルチホップ転送を利用し,MFHリンクを構成する手法を検討する.複数のDUがCUに集約されるMFHモデルにおいて,合計の光ファイバ長を最小化する無線マルチホップネットワークの経路設計手法を提案する. 
(英) The Centralized radio access network (C-RAN) divides a mobile base station into distributed unit (DU) including the antenna section and a central unit (CU) including a MAC layer, a RLC layer, and a PDCP layer processings. The link between the DU and the CU is called mobile frouthanl (MFH). With increasing the number of mobile base stations year by year, the number of optical fibers for constructing the MFH also continues to increase. Reduction of the number of optical fibers constituting the MFH link is an urgent issue. In this paper, we consider a method of constructing MFH link by using wireless multihop forwarding technique. We propose a path design method of wireless multihop network which minimizes the total length of optical fiber in MFH.
キーワード (和) モバイルフロントホール / 無線マルチホップ転送 / / / / / /  
(英) Fronthaul / Multi-hop / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-89, pp. 13-17, 2018年3月.
資料番号 CS2017-89 
発行日 2018-03-05 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-13 
開催地(和) 九州大学 西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-03-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光ファイバ数削減に向けたモバイルフロントホールの無線リンク収容 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Wireless Mobile Fronthaul to Reduce Number of Optical Fibers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルフロントホール / Fronthaul  
キーワード(2)(和/英) 無線マルチホップ転送 / Multi-hop  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Daisuke Hisano / ヒサノ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 悠 / Yu Nakayama / ナカヤマ ユウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Universty of Tokyo (略称: UT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-12 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2017-135,IEICE-CS2017-89 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.503(CAS), no.504(CS) 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2018-03-05,IEICE-CS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会