電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-12 13:10
マルチホップ無線通信における高性能双方向協力中継伝送方式に関する検討
西塚 竣周 虹阪工大CAS2017-139 CS2017-93
抄録 (和) 本論文では、マルチホップ無線通信の伝送性能を改善するために高性能双方向協力中継伝送方式を提案する。提案方式がネットワーク符号化、時空間符号化、プリーコーディング等の技術を利用し、高品質高効率伝送を実現する。計算機シミュレーションにより、提案方式の通信品質と通信効率が調べられ、有効性が確認された。 
(英) In this paper, we propose a high performance two-way cooperative relaying schemes for multi-hop wireless networks. The proposed scheme utilizes network coding, STBC and precoding technologies, achieving high end-to-end BER and throughput performance. Computer simulations confirmed the effectiveness of the proposed scheme.
キーワード (和) マルチホップ無線 / 双方向協力中継 / ネットワーク符号化 / 時空間符号化 / プリーコーディング / / /  
(英) Multi-hop wireless networks / two-way cooperative relaying / network coding / STBC / precoding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 504, CS2017-93, pp. 35-39, 2018年3月.
資料番号 CS2017-93 
発行日 2018-03-05 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2017-139 CS2017-93

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-13 
開催地(和) 九州大学 西新プラザ 
開催地(英) Nishijin Plaza, Kyushu University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-03-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップ無線通信における高性能双方向協力中継伝送方式に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on high performance two-way cooperative relaying scheme for multi-hop wireless networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ無線 / Multi-hop wireless networks  
キーワード(2)(和/英) 双方向協力中継 / two-way cooperative relaying  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク符号化 / network coding  
キーワード(4)(和/英) 時空間符号化 / STBC  
キーワード(5)(和/英) プリーコーディング / precoding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西塚 竣 / Shun Nishizuka / ニシヅカ シュン
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 虹 / Hong Zhou /
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-12 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2017-139,IEICE-CS2017-93 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.503(CAS), no.504(CS) 
ページ範囲 pp.35-39 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2018-03-05,IEICE-CS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会